ハンドメイド♪ もうすぐハロウィン! 玄関をハロウィンっぽくディスプレイする方法


今回は、アメリカのご家庭の、ハロウィン時期の玄関ディスプレイをご紹介。とても大掛かりに飾り付けがされています。
リースを作っている時の、材料のフェルト生地の量はさすがですね。
 
飾り付けがされた玄関は、まるで遊園地のようです。ご自宅のハロウィンの飾りつけをする時の、参考にいかがでしょうか。
よろしければ、ハロウィンデコレーションの様子をご覧になってください。

[材料と道具]

 飾り用のミニ墓石
 おもちゃの骸骨
 飾り用の蜘蛛の巣
 グルーガンまたは接着剤
 白いシーツ
 電飾ライト
 園芸用の円すい形の支柱
 はさみ
 発泡スチロールのボール  …直径15cmくらいのもの
 黒いフェルト
 蜘蛛のマスコット人形  …この作品は全体で3種類の蜘蛛を使用
 発泡スチロールのリース代 …この作品では35cmのものを使用
 オレンジ色のフェルト
 円形のテンプレート  …この作品では直径7.5cmのものを使用
 リボン
 虫ピン
 スプレーのラメ
 メッセージプレート
 フック
 観賞用のカボチャ
 チョークボードペイント(黒板が作れる塗料)
 チョーク
 チョークマーカー(チョークのように書けるマーカー)
 三角帽
 文字やイニシャルのステッカー
 ビニールのシール
 白のアクリル絵の具
 消毒用エタコール

[作り方]
1. フェイクのミニ墓地を作る。飾り用のミニ墓石を地面にさし、おもちゃの骸骨をバラバラにして、墓石の前のスペースに散らばった感じに置く。飾り用の蜘蛛の巣を小さくちぎってかぶせる。
 
2. オバケの飾りを作る。安全のために、円すい形の支柱の一番上の尖ったところに、発泡スチロールのボールを付ける。支柱に電飾用のライトを巡らせて、白い布をかぶせ、黒いフェルトでオバケの目を作って付ける。
 
3. 玄関のドアにおもちゃの蜘蛛を付ける。(動画では、GLUE DOTSという、テープ状の紙に円形の接着剤が付いたものを使用しているが、他のもので代用OK)。
 
4. オレンジ色のリースを作る。オレンジ色のフェルトを円形に切り抜き(360枚使用したとのこと)、四つ折りにして虫ピンでリース台の表側の全体に付ける。リースの裏側に二つ折りにしたリボンを付けて、引っかけ用のヒモを作る。リースの裏側にもフェルトを貼り付ける。お好みでスプレーのラメをふりかけ、一番下にメッセージプレートを付け、蜘蛛の飾りを付ける。
 
5. 壁や柱の邪魔にならないところにフックを付けて、飾り用の蜘蛛の巣を壁一面に張り巡らせ、おもちゃの蜘蛛を付ける。
 
6. いろんなタイプのハロウィンカボチャを作る。きれいに洗って乾かしたカボチャに、チョークボードペイントを2回重ね塗りして(塗り方は製品の説明書きを参照)、カボチャで黒板を作り、チョークやチョークマーカー等で装飾を描いて飾る。また、魔女風の三角帽を虫ピンでカボチャに付け、文字やイニシャルのステッカーを貼る。最後に、ビニールのシールを貼った上から白のアクリル絵の具を2回重ね塗りして、白塗りのカボチャを作る。乾いた後でシールをはがし、はみ出しを消毒用アルコールと綿棒で拭き取る。

完成です♪

ハンドメイド♪ もうすぐハロウィン! 玄関をハロウィンっぽくディスプレイする方法まとめ

ドアに付けたおもちゃの蜘蛛がリアルすぎてちょっと怖いですね。誰かが訪ねてきても、ドアに近づけなかったりして…。
この作品で使われている飾り用の蜘蛛の巣、これ良いな~と思って試しに検索してみたら、日本でも購入できるようですね。
それでは、楽しいハロウィンを!