ハンドメイド♪ しめ縄飾り進化版☆ リースみたいな洋風しめ縄飾りの作り方♪


今回のハンドメイドは、洋風しめ縄飾りの作り方をご紹介いたします。結構インパクトがある作品です。
  
カラフルな色に染められたしめ縄に、洋風のお花を飾り、ベリーには金色に染めた南天を使用しています(厳密にいうと、南天はベリーではありませんが)。
  
おそらく、お花とベリーは、造花またはドライフラワー(プリザーブドフラワー)だと思われます。
色合いと飾られている大輪の花の華やかさが印象的で、今までのしめ縄飾りとは全然違うもののように見えます。
  
もはや日本のしめ縄飾りというよりも、西洋のリースに近いデザインです。
ちょっと趣向を変えたしめ縄飾りとして、お部屋に飾ってくださいね。

[材料と道具]

 しめ縄   …カラフルな色に染められたもの
 フラワー  …メインとサブ
 ベリー   …南天
 水引
 ひも    …1m、2色
 ワイヤー
 グルーガン

[作り方]

1. フラワーとベリー(南天)の茎を使いやすい長さに切る。切った茎や葉の部分は捨てないで取っておく。
  
2. メインの花は、上下にずらして高低差を付けてワイヤーで束ねる。飛び出した茎の長さを調整し、しめ縄に付けた時に、花が正面を向くように茎を少し曲げておく。
  
3. 残しておいた葉から葉脈をはがし取り、メインの花の茎にグルーガンで巻いてワイヤーを隠す。
  
4. メインの花を、しめ縄の真ん中にワイヤーを使って固定する。サブの花やツルもグルーガンで付ける。
  
5. ベリー(南天)をメインの花の左下に、水引を右下に付ける。
  
6. 2本のひもを揃えて半分に折り、1/3のところをワイヤーで巻いてとめる。これをしめ縄に、下に垂れるように取り付ける。
  
7. ひもや水引の上に、南天の葉っぱをグルーガンで接着する。

完成です♪

ハンドメイド♪ しめ縄飾り進化版☆ リースみたいな洋風しめ縄飾りの作り方♪まとめ

クリスマスリースやハロウィンリースが定着したから、しめ縄飾りもリースっぽいデザインが受け入れられるのかもしれませんね。
考えてみると、丸い土台に飾りを付けるという形は、リースもしめ縄飾りも同じ。
  
ここまで思い切ったデザインでなくても、大きなお花や流行りの飾りを使った、かわいらしいテイストのしめ縄飾りもずいぶん前から人気があります。
  
ところで、どうしてお正月にしめ縄飾りを飾るのかというと、年神様をお迎えするための神聖な場所を作るためだそうです。しめ縄の輪の中が神様が降りてくるところになるようです。
なるほど、それならデザインを多少変更したり、装飾を施したりしても、綺麗になる分なら問題はなさそうですね。年神様も喜んでくれるかもしれません。
  
それでは、どなた様も良いお正月をお迎えくださいませ。