ハンドメイド♪ かぎ針編み 簡単ニットボールの編み方♪ 初級・減らし目の仕方


かぎ針編みのニットボールの編み方をご紹介いたします。
いよいよ今回は“目の減らし方”が登場します!目を減らす方法は、球体を編むために必要不可欠なテクニックです。
 
難しそうに感じるかもしれませんが、動画で丁寧に説明されていますのでご安心ください。
 
目を減らす編み方は、2目を1度に編むので、「2目1度」などとも言われます。
 
細編みで減らす時は「細編み2目1度」、長編みの時は「長編み2目1度」、また2目だけでなく「3目1度」などもあります。
たくさんの編み方がありますね。
少しずつ、編めるようになっていきましょう(^_-)-☆

[材料と道具]

 毛糸
 かぎ針(毛糸の太さに合ったもの)
 とじ針

[作り方]

1. 左手の人差し指に毛糸を2回巻き付けて輪を作る。できた輪を親指と中指で持って、この中にかぎ針を入れて毛糸を引き込む。立ち上がりの鎖編みを1目編んでから、細編みを6目編む(1段目)。
 
2. 毛糸の端を引いて輪をしめる。1目めの細編みに糸を引き抜いて1段目を終了させる。
 
3. 2段目を編む。立ち上がりの鎖編みを1目編み、1段目の全ての目に細編みを2目ずつ、合計12目編む。
 
4. 引き抜き編みをして2段目を終了させ、3段目の立ち上がりの鎖編みを1目編み、1目めに1目、2目めに2目編んで合計18目編む。
 
5. これまでと同じようにして、4段目から6段目まで細編みで18目編む。
 
6. 7段目の立ち上がりの鎖編みを1目と細編みを1目編んだら、6段目の2目めと3目めにかぎ針を入れて糸を引き抜く(減らし目)。次の目は細編み、その次は減らし目、を繰り返して7段目を編み、終了させる。
 
7. ここで7~8割くらいの量の綿を詰める。
 
8. 8段目を編む。立ち上がりの鎖編みを編んだら、全てを減らし目して編む。
 
9. 8段目を終了させたら、残りの綿を詰める。
 
10. 毛糸を切ってとじ針に通し、かぎ針の目を拾い、外側から内側にまつるようにしてニットボールをとじる。余った糸を始末する。

完成です!!

ハンドメイド♪ かぎ針編み 簡単ニットボールの編み方♪ 初級・減らし目の仕方まとめ

実は初めのうちは、ニットボールはこの後に続くあみぐるみや帽子や靴下への、
あくまでも通過点でしかないと思っていたのですが…、ニットボール単独でも十分にかわいいのですね!( *´艸`)
ヘアゴムやクリスマスのオーナメントの飾りにですって?!なんて可愛らしいのでしょう。
 
あみぐるみや靴下も早く作れるようになりたいけど、ニットボール作りにしばらく凝ってみてもいいかもしれませんね♪
このニットボールのような球体の編み方をマスターすれば、その他のものもすぐに編めるようになるそうです。
 
 
かぎ針編み初級編のヤマということでしょうか?!
きっと、ここが踏ん張りどころ。
頑張ってマスターしましょう!!