ハンドメイド♪ いろんな大きさのミニ紙袋/ペーパーバックの作り方 バザーにも♪


折り紙や包み紙で作る小さなペーパーバッグの作り方をご紹介します。
かわいい文房具や紙製品が好きなお年頃のお子様に喜ばれそうな一品です(*^▽^*)
 
これからの季節、文化祭や地域の秋祭りに参加される方もいらっしゃると思いますが、こちらのペーパーバッグはこのようなイベント時に大変重宝する優れものです☆
特に、小さいお子さんはかわいい紙製品が大好きなので、お子さんが参加するイベントで使えば、イベントの成功に一役買うこと間違いなしです。
 
バザーに出せば人気の出品物になると思いますし、福引などゲーム的なものを担当される場合は、中に小さな文房具やお菓子など、子供が好きそうなものを入れてお楽しみ袋として景品にすれば、貰ったお子さんは大喜びです♪
こちらの動画で紹介されているくらいの小さなものであれば、既製品の紙袋やペーパーバッグを購入するよりも低コストですし、作るのも簡単です。
ぜひご活用くださいませ。

[材料]

折り紙や包み紙などのかわいい紙
持ち手
糊、セロハンテープ

[作り方]

・小さいサイズのもの

1. 折り紙の大きさの紙を、半分に切る。
 
2. 5~10mmくらい、のりしろを残して半分に折り、のりしろに糊をつけて輪になるように接着する。
 
3. 好きな厚みになるように、底になる部分を1回折る。
折り目を開いて、両端が三角になるように折る。
上下の紙を重なるように折って、重なった部分を糊で接着する。
 
4. 両脇にある紙が重なってできた菱型の半分のところでしっかり折り目を付ける。
折り目を開いて谷折りにたたみ直す。
 
5. 紙袋にする場合はこれで完成。
ペーパーバッグにする場合は、上の部分を内側に1回折って、持ち手をセロテープで付ける。

・少しだけ大きめのサイズのもの

1. 折り紙を半分より大きめの長方形に切る。
 
2. 小さな紙で作る時と同じようにして作る。
底を厚めに作ると両端の三角形が重なるが、作り方は同じ。
上下の紙を両端にできる菱型が正方形になるように折る。
 
3. 両脇のマチを作り、バッグにする場合は持ち手を付ける。

・大きいサイズのもの

1. 2枚の折り紙の両脇をセロハンテープで貼って輪の形にする。
 
2. 小さな紙の時と同じようにして、底の部分を作る。
 
3. 両脇のマチを作り、バッグにする場合は持ち手を付ける。
2枚の紙の組み合わせで、いろいろなタイプのものが作れる。
 
3種類の大きさのペーパーバッグの完成です!!

ハンドメイド♪ いろんな大きさのミニ紙袋/ペーパーバックの作り方まとめ

バッグの持ち手部分ですが、紙ひもや紙テープを使われると思いますが、これを自作されてもいいと思います。
我が家には日に焼けてしまったコピー用紙が大量にあるのですが、このような使えなくなった紙があれば利用されるとエコにもなります。
 
 
お子さん向けとして強くお勧めしましたが、大人の方にも、もちろん気に入っていただけると思います(*^-^*)
創作の楽しみと実用を兼ねそろえたミニペーパーバッグ、楽しみながら作ってくださいね☆