わたしにも作れるかも! 裏地のある四角いポーチ 簡単ハンドメイド

初心者にとっては、裏地のある袋物は難易度が高いのですが、こちらの動画で作り方が分りやすく説明されているので、視聴しているうちに挑戦したくなってくる人も多いのではないでしょうか?

2枚の布とファスナーだけでこんなにかわいいポーチが作れるなんて、感激ですよね!

表布と裏布、ファスナーの組み合わせを変えることで、それぞれ違った表情のポーチを生みだすことができます。

直線縫いだけなので、ミシンがない場合は、ちょっと大変になりますが手縫いでも作れます。

裏地のある四角いポーチ 簡単ハンドメイド動画の説明:

[材料]

表布と裏布 …横23cm×縦30cm 各1枚ずつ
ファスナー …20㎝のもの 1個

[作り方]

1. 布の幅はファスナーの長さにカットしておく。
2. 表布を、おもてが上になるように置いて、その上にファスナーを裏が上になるように置く。
3. 布の端から5mmのところにファスナーを待ち針でとめる。
4. ファスナーを縫い代2mmで縫いつける。
5. 裏布を裏が上になるように重ねる(ファスナーを挟んで内側がおもてになる)。裏布の端と表布の端を合わせて、待ち針をうつ。
6. 4.で縫った線の少し内側を、直線縫いで縫う。
7. ファスナーのもう片側も、表布に3.と4.の手順で縫いつける。裏布も5.と6.の手順で縫い付ける。
8. 筒状になった布を、ファスナーが真ん中に来るように広げて、ずれないように注意して(特にファスナー部分)待ち針を打つ。
9. 横の部分の片方を、縫いしろを1cm取って縫う。ファスナー部分を縫う時は慎重に。
10. もう片側は、裏布部分に返し口(7cm)を残して縫う。こちら側もファスナー部分は慎重に。
11. 四隅にマチを作る。この時、表布と裏布の縫い代を倒す方向を同じにする。
12. マチの先を縫った線から5mm残してカットする。
13. 全体を返し口から表に返す。
14. 返し口を閉じる。アイロンをあてて折り目をつけてから縫う。
15. 表に返して形を整えれば出来上がり♪♪ 

動画のように、ポーチの中に手を入れてアイロンを外側からかける時は、必ずタオルなどを当てること。火傷に注意。