【簡単ハンドメイド】マチ針不要 裏地付きレッスンバッグの作り方 お子さんの通園、通学に

針仕事をする時に、小さなお子さんがそばにいると針を使うのが危なっかしく感じられる方も多いと思います。
こちらの動画では、待ち針の代わりに手芸用クリップや洗濯バサミを使っています。

ひょっとすると、待ち針よりもクリップのほうが使いやすいかも…。

こんな便利な道具もあるのですね。
動画の中には布のサイズの説明がありませんが、縦30cm×横40cmのバッグを作る場合は、32cm×82cmの布で作れます。
好きな布を合わせて、自分だけの素敵なバッグを作りましょう♪

裏地のある四角いポーチ 簡単ハンドメイド動画の説明:

[材料]

 ※ 縦30cm×横40cmのバッグを作る場合
表布、裏布  それぞれ縦32cm×横82cm 1枚ずつ
持ち手    34cm 2枚
飾り用リボン 82cm(なくても良い)

[道具]

手芸用のクリップ(洗濯ばさみで代用できる)

[作り方]

1. 表布に 飾り用のリボンを付ける(省略可)。
2. 表布を表が上になるように置いて、中心と端からそれぞれ12cmのところに持ち手をクリップでとめる。
3. 持ち手を縫い代7mmで縫いつける。
4. 裏布を表布の上に中がおもてになるように置き、ずれないようにクリップでとめる。
5. バッグの入れ口の部分を縫い代1cmで縫う。持ち手がついている部分は厚みがあるので注意する。
  縫い終わったらアイロンで縫い代を開いておく。
6. 表布と裏布を開いて、裏が上になるように置く。布を二つに折ってきちんと合わせてクリップでとめ、脇線と底線を縫い代1cmで縫う。返し口は残す。
7. 返し口から表に返す。返し口は手でまつる。アイロンで形を整える。
8. 開け口のキワをミシンで縫う。 完成!!
大きさを変えれば、同じ作り方でお買い物の時に使うエコバッグなども作れそうですね。

サイズを変えて作る時は、持ち手を付ける位置に注意してください(^_-)-☆