ハンドメイド♪ 粘土で作るかき氷 宇治抹茶クリーム♪ スイーツデコ


今回はかき氷の作り方の動画をご紹介します(^ ^)/ しかも、宇治抹茶クリーム…なんて魅惑的なんでしょう。
アイスクリームなどは樹脂風粘土で、かき氷の部分はビーズをニスで固めて作っていらっしゃいます。
なるほど、細かく砕かれた氷の質感を出すのに、ビーズを使っているのですね。

 
あんこ玉と抹茶アイスについてですが、今回の難関は色付けでしょうか。
あんこ玉はあずき色に、抹茶アイスは抹茶色に、絵の具などをうまく混ぜ合わせて綺麗な色を作ってくださいね。
樹脂風粘土は水彩絵の具やアクリル絵の具などで着色できるようですが、製品ごとに使用できる絵の具が違うので製品の説明書をご参照ください。

[材料]

かき氷の器
ねんどニス(工作用のニスやマネキュアのトップコートで代用できる)
ビーズ(透明)
樹脂風粘土
絵の具(アクリル絵の具など)
ホイップクリーム用の樹脂風粘土、絞りだし用の金口
飾り用の果物(お好みで)

[作り方]

1. かき氷の器にねんどニスを入れて、そこにビーズを浸るくらい入れる。
 
2. 樹脂風粘土にアクリル絵の具などの白を混ぜたものを小さくまとめておく(かき氷の芯になる。後で白玉団子も作るので少し残しておく)。
 
3. 粘土をあずき色に着色して、表面を爪でひっかくようにめくっていき、半円型に形作る。小さな粒を作って表面に貼り付ける(ボンドを使用したほうが良いかもしれない)。→あんこ玉の完成
 
4. 粘土を抹茶色(苔色またはダークグリーン系の絵の具を使う)に着色して、表面を爪でめくっていき、半円型にまとめる。→抹茶アイスの完成
 
5. 白い粘土を小さく丸めて白玉団子を作る。
 
6. かき氷の器に芯になる粘土を置いて、うえからニスをかけ、楊枝などで均等にならす。
 
7. 上からビーズをふりかけ、楊枝で馴染ませる。
 
8. 数時間後、真ん中の盛り上がったところにだけニスをかけ、再度ビーズをふりかける。楊枝でビーズとニスを馴染ませながらこんもりとした形に整える。
 
9. 苔色またはダークグリーン系の絵の具を少量の水で溶き、ねんどニスを混ぜて抹茶シロップを作る。
 
10. 抹茶シロップをかき氷の上にかけ、あんこ玉と抹茶アイスを乗せる(ニスを接着剤の代わりに使う)。
 
11. ホイップ用の粘土を生クリームのように金口で絞り出し、白玉団子を飾る。
 
12. 好みでさくらんぼなどの果物を飾る。

完成です!!

ハンドメイド♪ 粘土で作るかき氷 宇治抹茶クリーム♪ スイーツデコまとめ

なんとも涼しげでおいしそうなかき氷ですね♪ 本物みたいです(#^ ^#)
今回の作品は、ひとつのお皿にかき氷、あんこ玉、アイスクリーム、生クリームなど、いろんなものが入っているので、材料の種類がちょっと多めです。
粘土は普通のタイプのものとホイップタイプのものを使います。さらにホイップクリームの絞り出しに使う金口も必要…。
材料や道具がそろっていない人には、ちょっとハードルが高いかもしれません。
 
でも宇治抹茶クリームのかき氷を作るには、あんこ玉も抹茶アイスも生クリームも必要不可欠。
省略しちゃったらちょっと寂しいかなあ…。
本物のかき氷の事ではないけれども。
宇治抹茶クリームのかき氷、ぜひ挑戦してみて下さいね(*^▽^*)