ハンドメイド動画♪ Tシャツヤーンで作ろう!オシャレに健康増進 布ぞうり♪


ぞうりを履くと足の指が開くので、血流が良くなって健康に良いそうです。
なので、今回のハンドメイドは、布ぞうりの作り方をご紹介いたします。スリッパやルームシューズの代わりにいかがでしょうか。

布ぞうりブームは過去にも何回かありましたが、ちょうどTシャツヤーンが流行っていますし、もしかしたら今年の夏は今までにないくらい流行るかもしれない…と思っております。
布ぞうりは材料に古布を裂いたものがいるのですが、材料の用意は楽しい反面、大変でもあるので、これがお店で買えるというのは流行りの要因として大きいのではないかと。
さて、この予想は当たるでしょうか?

Tシャツヤーンの布ぞうり…、なんとなくセレブが好きそうなイメージがありますね(私だけ?)。ハンドメイドした布ぞうりで、みんなでセレブのような健康美人になりましょう!

[材料と道具]

 Tシャツヤーンや、不要なニットの生地を細く裂いたもの
 鼻緒用の布
 綿
 ワイヤーのハンガー
 吸盤
 ビニールのロープ  …150cmくらい
 洗濯バサミ
 

[作り方]

1. ニット生地を裂いて作った糸を、手で伸ばして端が丸まった状態にする。
 
2. W型にハンガーを曲げて、吸盤で机に固定する。ロープを結んで輪にしたものをハンガーにかける。結び目があるほうのロープを1回ねじってクロスさせ、洗濯バサミでとめる。
 
3. ロープを4本の縦ひもにして、糸(横ひも)を編んでいく。結び目がないロープの真ん中に糸を結ぶ。ここがつま先になる。結び方は動画を参照。長い方の糸端を、結び目の右側に裏→表に糸を回して1回巻き付ける。糸は常に表側が出るようにする。
 
4. ロープを揃えて持ち、各段・上下の編み目が交互になるように編んでいく。動画の編み方だと、1段目は横糸が2本目の縦糸の上、3本目の縦糸の下を通っている。1段編むごとに糸を手前に引き寄せる。4本の縦ひもの幅がぞうりの幅
になるので、横ひもを引き過ぎないように左手で押さえながら編む。
 
5. (補足)糸の継ぎ足しは、中の2本のロープのどちらかで行う。短くなった糸端を裏側に出したら、新しい糸を短い糸に重ねる。新しい糸の糸端は数cm程裏に出す。重ねたところを手で押さえながら続きを編む。
 
6. 編み終えたら、ハンガーと洗濯バサミを外す。ロープの結び目があるところを引いて全体を引き締める。編み終わりの糸を、クロスしているロープの間から表に出し、裏にまわす。
 
7. ロープをある程度の長さで切って裏側で結び、糸端を編み目の中に入れ込む。他の糸端も同じように始末する。
 
8. 鼻緒を付ける。鼻緒用の布をひも状に縫って、真ん中に鼻緒立て用のひも(横糸と同じものでOK)をくくり付け、本体の表側から差し込んで、裏でしっかり結ぶ。鼻緒に綿を詰めて端を本体に差し込み、表側の編み目に編みこんで裏でしっかり結ぶ。短く切って、糸端を編み目に入れ込んで始末する。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ Tシャツヤーンで作ろう!オシャレに健康増進 布ぞうり♪まとめ

鼻緒はしっかりと結びましょう。室内で履いている分には、走る等のハードな動きはそんなにないと思いますが、履いてる時にすっぽ抜けたりすると危険です。しっかり結んでください。
材料の糸は、ニット生地以外のものでもOKです。でも、動画を見ていると、ニットの糸のほうが糸端の始末が簡単そうですね。糸自体が伸びるので、引っ張って糸端を挟み込むことができています。

今年は気温が高いですね。暑さは体力を消耗させます。ハンドメイドで健康な毎日をお送りください。