ハンドメイド動画♪ DIY これならどんな壁にもOK キャットウォークの付け方 その2

別の記事で石膏ボードの壁にキャットウォークを取り付ける方法をご紹介しましたので、今回はコンクリートの壁や賃貸住宅の壁にもキャットウォークを取り付けられる方法をご紹介いたします。
ちょっとだけ大掛かりなDIYになりますが、女性でも可能です。
使用するのは「ディアウォール」という、天井から床まで長い板を突っ張る道具です。
値段も1個千円くらいとお手頃です。

コンクリートの壁に穴を空けるのが難しい、ペット飼育可の賃貸マンションに住んでいる、などの理由でキャットウォークの設置を諦めている飼い主さんの参考になると思います。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ディアウォール   …ツーバイフォー材用
 ツーバイフォー木材 …断面サイズ38mm×89mmのもの
 棚板        …猫の重さに耐えられる丈夫なもの
 棚受け金具     …耐重量により、棚板1枚に付き2本以上必要
 木ネジ   …棚受け金具を棚板に固定する短いネジと、ツーバイフォー木材に固定する長いネジ
 水平器
 キリ
 ドライバー
 ボードアンカー
 軽量のレンガタイル

[作り方]

1. ツーバイフォー木材を、天井から床の長さよりも40~45mm短い長さにカットする。ホームセンターで切ってもらうのがおすすめ。
 
2. キャットウォークの棚板の幅(棚受け金具の位置)に合わせて、ツーバイフォー木材を設置する場所を決める。
 
3. ツーバイフォー木材の両端にディアウォールを取り付けて、天井と床に突っ張らせて設置する。
 
4. 棚板に木ネジを使って棚受け金具を取り付ける。キリ等で下穴を空けてからのほうが良い。
 
5. ツーバイフォー木材に棚板を水平に取り付ける。下穴を空けてからのほうが良い。水平器(スマホのアプリもあるらしい)があると便利。耐重量を十分に考慮して設置する。
 
6. ディアウォールを使用しないで設置する場合は、ボードアンカーを使用する。間柱が探せるなら間柱に木ネジを打ち込んで設置しても良い。
 
7. 傷だらけの壁は、上からレンガタイルを貼って隠すとおしゃれな感じに修理できる。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ DIY これならどんな壁にもOK キャットウォークの付け方  その2まとめ

ディアウォールはメーカーの取扱説明書をよく読んでから使用してください。支える柱が倒れたら元も子もありません。
また、動画では棚板に頑丈そうな木の板を使っているため、長いキャットウォークが作れているようですが、薄い板や合板などを使う場合は耐重量に注意が必要です。
決して無理はしないで、棚板の長さを短くしたり、ディアウォール同士の間隔を狭くして棚受け金具の数を増やしたり等の安全対策をしてくださいね。
ボードアンカーも、きちんと取り付けないと抜け落ちることもあるようなので、取扱説明書をよく読んでから取り付けてくださいね。
それでは、手作りのキャットウォークの上で、猫ちゃんがくつろいでいる姿が見られますように。

こちらも参考にどうぞ
ハンドメイド動画♪ DIY 愛猫家に 石膏ボードの壁にキャットウォークを付ける方法 その1