ハンドメイド動画♪ 花嫁&花婿のシルエットのウエディングケーキトッパー♪


つい先日、おめでたい発表がありましたので、華やかなウエディングをイメージして、ウエディングケーキトッパーの作り方をご紹介いたします。
ケーキトッパーとは、ケーキの一番上に乗せる飾りのことで種類や形状は様々です。
 
数年ほど前から、花嫁と花婿をモチーフにしたウエディングケーキトッパーが海外で流行っているようです。一番人気は二人のフィギュアがいろんなポーズをとっているタイプ。ご紹介する作品は、花嫁と花婿のシルエットのものなので、このフィギュアのものとはまたちょっと違うのですが、こちらも大人っぽい感じでおしゃれです。なんと食べられる素材で出来ています。
ウエディング関連のものは、華やかな気分になって良いですね。ウエディングの予定のある人もない人も、ぜひご覧になってみてください。

[材料と道具]

 食用の粘土 …黒、赤、黄色(この作品ではDASという商品を使用)
 食用のラメパウダー   …赤
 食用のペイントスプレー …ゴールド
 ラメパウダーを乗せる時に使う食用の糊
 麺棒
 ナイフ
 竹串
 サンドペーパー
 デザイン図を印刷した紙
 

[作り方]

1. デザイン画を印刷した紙を用意する。投稿者のHPからダウンロードできるらしいが、自己責任で判断すること。
 
2. デザイン画を切り抜く。
 
3. 食用の粘土を麺棒などである程度の厚みに伸ばす。
 
4. 粘土の上に、切り抜いたデザイン画を置いて、その通りの形にナイフで切り抜く。細かいところはつまようじ等を使う。花嫁と花婿のシルエットは黒の粘土、数字のものは赤い粘土、文字のものは黄色の粘土を使う。切り抜いた粘土の底面に竹串をさす。
 
5. (おそらく固まるまで乾燥させている。)サンドペーパーで切り口を滑らかにする。文字のものを食用のペイントスプレーで金色に着色する。数字のものには、食用の糊を筆で塗ってから食用のラメパウダーをまぶす。
 
6. ケーキの一番上に飾る。

完成です!

ハンドメイド動画♪ 花嫁&花婿のシルエットのウエディングケーキトッパー♪ まとめ

使用されている食用の粘土、重さはどのくらいあるんでしょうね。大きくて重いとケーキが沈んだりして…。それから、食用のラメパウダーやペイントスプレーですが、アメリカにはこういうものがあるんですね!でも、考えてみれば日本にも金色や銀色の食紅がありますね…仁丹も銀色ですし。
それから、デザイン画のダウンロードはご自身で慎重に判断してください。サイバー攻撃が世界中を騒がせています。

今回の作品は食用素材で作られていますが、食用でない素材で作られているものも多数あります。クラフト用のポリマークレイの作品もありますし、羊毛フェルトの作品もあります。きっとこの作品のように、トッパーの下に竹串を入れたり、小さなトレイに乗せたりして使用するのでしょうね。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください。