ハンドメイド動画♪ 腕編み 1時間で完成できるスヌードの編み方♪


腕に毛糸をかけて編む、「腕編み」という方法を使ったスヌードの編み方をご紹介いたします。完成品がなんだかすごくかわいいです。明るいオレンジ色の毛糸のせいでしょうか?
指に毛糸をかけて編む「指編み」は、動作的には編むより織るに近いような感じですが、腕編みは棒編みとほぼ同じです。
編み棒の代わりに自分の腕に毛糸をかけて編んでいきます。太い毛糸を使ってザクザクと編むので、なるほど、これなら1時間で完成できるというのも納得ですね。
棒編みではできないくらい大きな編み目の、ザックリとした編みあがりになります。よろしければ、ぜひ挑戦してください。

[材料と道具]

 極太か超極太の毛糸を2本どりにして使用
 ハサミ

[作り方]

1. 作り目を作る。糸で輪を作って右腕を通し、糸を引いて輪の大きさを調整する。1目めの輪を作る位置は、棒編みの場合はマフラーの出来上がりの幅の3~4倍の長さのところで輪を作るので、腕編みの場合も同じと思われる。
 
2. 2目以降を作る。左手の親指に糸端を、人差し指に糸玉に続く糸をひっかける。親指の糸の下から右手の指を入れ、人差し指の糸をつまんで右腕にかける。繰り返して全部で6目作る。
 
3. 編み初めの糸端と糸玉側の糸を結ぶ。
 
4. 2段目を編む。右手で糸玉に続く糸をつかみ、右腕に通っている1目を、つかんでいる糸にかぶせる。引き出した糸の輪を左手に移し、左腕に通し、糸を引いて輪の大きさを調整する。繰り返して2段目を全て編む。
 
5. 3段目以降も同様に、好きな長さになるまで編む。
 
6. 編み終わったら伏せ止めを行う。これまでと同じように2目編んだら、1目めを2目めにかぶせて左腕から外す。以降は1目編んだら前の目をかぶせるを繰り返す。最後は残った目を腕から外し、糸端を長め(編み地の幅の3倍くらい?)に残して切る。輪の中に糸端をくぐらせて引きしめる。
 
7. 編み初めと編み終わりの目をつなぎ合わせて輪にする。糸端を1目ずつ順番に目の中にくぐらせていく。
 
8. 出ている糸は、2本とも裏側の目を通して糸始末をする。ある程度通したら糸を切る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 腕編み 1時間で完成できるスヌードの編み方♪ まとめ

手順の中で登場した「メリヤスはぎ」とは、編み地の目と目をつなぎ合わせることを「はぎ」と言い、表目を作りながらはぎ合わせることを「メリヤスはぎ」と言います。

この作品で使われている2本どりの毛糸ですが、2本どりの毛糸が市販されているのか、ちょっと不明です(すみません)。

もし購入できなかったら、普通の毛糸を2玉用意して、ふたつの毛糸玉から1本ずつ糸を取って2本にして使ってください。
1玉の毛糸の、頭とおしりの糸端を取って2本どりにしてもOKです。(糸がからまないように注意!中級以上向けの技術かも)。

この作品のように同じ色の毛糸の2本どりでもいいですし、色の違う毛糸を2本使うと、糸の組み合わせでデザインが広がります。

もう少し細い毛糸を使えば、春物のスヌードも作れそうですね。
腕編みだとすぐに出来上がるので、使うのを春まで待たないといけませんが、楽しみながら、いろいろ作ってみてくださいね。