ハンドメイド動画♪ 白い砂が清流か南の海みたい♪ テラリウム風ハーバリウムの作り方♪


今回ご紹介するハーバリウムは、ガラスボトルの底に砂が入っているハーバリウムです。なんとなくですが、山の中の清流の水源か、南国の海の底みたいな感じですね。
 
使用するドライフラワーに、海藻や水草に似ているものを使うと、ますますそれっぽくなります。
でも、そこはお好みで。砂地に小さな花を刺しても、砂漠に咲いたバラのように見えて素敵かもしれません。
 

ちょっと星の王子様の世界みたい…。いろいろ空想しながら、小さなガラスボトル詰めの世界を作ってみてくださいね。

[材料と道具]

 ガラスのボトル
 カラーサンド  …白、グリーンなど
 ドライフラワー …好きなものを数種類
 ハーバリウム専用オイル …ベビーオイルや流動パラフィンでも代用可
 ピンセット 

[作り方]

1. ガラスのボトルは、前もってきれいに洗って、完全に乾かしておいたものを使用する。ガラスのボトルに、2色のカラーサンドを層になるように入れる。
 
2. 大きなドライフラワーからガラスボトルの中に入れる。ピンセットを使って、茎の先をカラーサンドに刺して固定する。デザインを考えて配置する。
 
3. 専用オイルをボトルの半分くらいまで入れる。ドライフラワーが倒れたりしないように、静かに注ぐ。
 
4. 小さなドライフラワーを入れる。
 
5. 専用オイルをガラスボトルの口まで入れて、しばらく放置してから、しっかりフタを閉める。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 白い砂が清流か南の海みたい♪ テラリウム風ハーバリウムの作り方まとめ

ハーバリウムに使用するオイルは、ガラスと屈折率が似ているために、容器の中のものが明るくきれいに照らし出されるとのこと。
なんと、ハーバリウムのオイルには、屈折率という秘密もあったのですね。
 
ところで、ハーバリウムのオイルの廃棄方法について、あるサイトに記載されていましたので、ご紹介させていただきます。
 
なるほど、どんなにお気に入りでもいつかは廃棄するものだし、これは必要な情報ですよね。
使用しているオイルが、薬局で買った流動パラフィンやシリコーンオイルだったら、食用油と同じ廃棄方法でOKだそうです。
 
布や古新聞に吸わせたり、市販の凝固剤(固めるテン〇ル等)を使ったりなどの処理をしてから、燃えるゴミに出してください。
流しには流すのはNG。環境の汚染や、パイプ詰まりの原因になるそうです。

 
市販のハーバリウム専用オイルの場合は、廃棄する前に原材料名をチェックしてください。おそらく、主な材料は流動パラフィンやシリコーンオイルだと思いますが…。不明な場合は、販売元に問い合わせください。
そうそう、ベビーオイルもハーバリウムによく使われますが、ベビーオイルの主成分は流動パラフィンです。
 
添加剤のビタミンE等が少量混ざっているだけなので、廃棄方法は流動パラフィンと同じです。
たまに植物系オイルを使ったベビーオイル等もありますが(ハーバリウムに使うのに、わざわざそういうベビーオイルを選ぶ人も少ないと思いますが。
でも余ってるのを使う場合もあるだろうし…)、廃棄方法は同じで大丈夫かと思います。