ハンドメイド動画♪ 巾着付きミニトートバッグの作り方


入れ口に巾着が付いた、ミニサイズのトートバッグの作り方をご紹介いたします。出来上がりの大きさが、縦14cm横20cmマチ7cmの、本当に小さいサイズのバッグです。
学生さんや社会人の方のお弁当を入れるバックにおすすめですが、弁当箱が大きい人は、もう一回り大きく作ったほうがいいかもしれません。

高さを増やすだけでも収納力がアップします。
入れ口に巾着が付いたバッグは、中身が見えることも落ちることもないのでとても便利です。このバッグはピンとした立ち姿も素敵ですね。
よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 外袋用の布  …20cm×30cm 2枚
 内袋用の布  …20cm×30cm 2枚
 巾着用の布  …19cm×32cm 2枚
 接着芯    …20cm×30cm 2枚
 持ち手    …2.5cm×27cm 2本
 ひも     …75cm 2本
 アイロン

[作り方]

1. 巾着用の布を中表に重ね、両脇の下から10cmまでを縫い代2cmで縫う。上の9cmはひもを通すところになるので縫わない。
 
2. アイロンをあてて両脇の縫い代を割り、縫い代の端を裏側に折る。巾着本体の布と折った縫い代を縫い合わせる。
 
3. 開き止まりを縫う。
 
4. アイロンをあてて、ひも通し部分を1cmと3cmの三つ折りにする。折ったところの端に近い部分を縫う。
 
5. 外袋用の布の裏に接着芯を貼る。2枚を中表に重ねて、両脇と底を縫い代1~1.5cmで縫う。
 
6. 底の隅を一辺3.5cmの正方形に切り取る。縫い代を割ってたたみ直し、切り取った部分を合わせて縫い代1cmで縫う。マチが出来上がる。
 
7. 外袋を表にかえして、入れ口部分の真ん中から左右4cmずつのところに持ち手を縫い付ける。入れ口から2.5cm分くらいの縫い代を切り取っておく。
 
8. 内袋も外袋と同じようにして両脇と底を縫い、マチを作る。入れ口の縫い代も同様に切り取る。
 
9. 外袋と内袋を外表に重ねる。巾着部分を裏返して一番外側に重ねる(中表になる)。入れ口を縫い代1~1.5cmで一周縫う。
 
10. 巾着部分を袋の中に入れ、3枚合わせた状態で、入れ口に2本縫って線を入れる。
 
11. ひも通し部分にひもを通す。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 巾着付きミニトートバッグの作り方まとめ

トートバッグなので、外袋を厚みのあるキャンバス地などで作りたくなると思いますが、生地が厚いと縫うのが大変になります。
厚みによっては家庭用のミシンでは縫えない場合も。でも、普通のハギレのような薄い布で作ると、裏に貼る接着芯にもよるかもしれませんが、出来上がったトートバッグは自立してくれません。
ご紹介した作品と同じイメージに仕上げたい場合は、使用する生地と接着芯を慎重に選んでください。
 

実は、生地と接着芯選びは、バッグを作る上での重要ポイントです。選ぶ際は、実際にお店で生地を触りながら選ぶのが一番良いそうですが、どの生地を選べばいいのか分からないという方が多いと思います。
生地と接着芯の組み合わせ等もいろいろあるようなので、店員さんに相談して選んでください。
バッグは結構難しいかもしれません。へこたれずに頑張ってください。それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください。