ハンドメイド動画♪ 小豆染めのストールの作り方♪しぼり模様付き 敬老の日のプレゼントにも


今回ご紹介するハンドメイドは、小豆染めのストールの作り方です。
温かみのある、ナチュラルカラーのストールです。ちょっと早いかもしれませんが、9月15日の敬老の日の手作りのプレゼントにもいかがでしょうか。
 
うちはおじいちゃんもおばあちゃんもストールは使わないなあ~という人は、ハンカチ等にしてみても。
 
または、難易度がちょっと上がるかもしれませんが、Tシャツという手もあります。
この作品では小豆の煮汁を使っていますが、野菜や草花やお茶などを使っても染めることができます。
 
やり方は材料によって多少変わる場合もありますが、だいたい同じです。
いろいろ試してみると楽しいので、ご興味がありましたら挑戦してみてください。

[材料と道具]

 医療用ガーゼ  …1.5m
 小豆      …250g
 重曹      …3g
 ミョウバン   …2~3g
 無調整の豆乳  …400ml
 水
 ステンレスの鍋
 ステンレスのザル
 ステンレスのボウル …2個
 輪ゴム      …数本
 菜箸
 (お好みで)鉄くぎ、ペットボトル容器、食器用洗剤、酢

[作り方]

1. 染まりを良くするため、豆乳の中にガーゼを入れて、約10分間もみながら浸す。10分間浸したら、ガーゼをとりだして絞り、乾かす。
 
2. しぼりの模様を作るため、ガーゼを輪ゴムできつく縛る。好きな場所、好きな縛りかたで、何か所か縛る。
 
3. ガーゼを水に浸しておく。
 
4. ステンレスの鍋に、小豆、水1.5リットル、重曹を入れて30分ほど煮る。
 
5. ステンレスのザルを使って、小豆と煮汁を分ける。煮汁の色が赤くなるまで、お玉で煮汁が空気に触れるようにかき混ぜる。
 
6. ガーゼの水気を絞り、広げながら5.で作った染色液の中に入れる。染色液が冷めて、手を入れても熱くないくらいになるまで、だいたい30分くらい漬ける。
 
7. 色止めを行う。約1リットルの水にミョウバン2~3gを溶かし、その中に染色液から上げたガーゼを10分くらい漬ける。
 
8. 輪ゴムを切り、ガーゼをよく水洗いして乾かす。
 
9. ミョウバンの代わりに鉄くぎを色止めに使うと、染め上がりの色がグレーっぽい色になる。ペットボトル容器などに水、食器用洗剤、鉄くぎを入れて振り、(おそらくペットボトルの中身を捨てて)鉄くぎを水で数回洗う。水を捨てて、半日ほど空気に触れさせておくと鉄くぎにさびが出る。ペットボトルにさびた鉄くぎと酢300mlを入れて一日置き、その液を色止めに使う。

完成です!

ハンドメイド動画♪ 小豆染めのストールの作り方♪しぼり模様付き 敬老の日のプレゼントにもまとめ

小豆がもったいない…と考える私は、食いしん坊なんでしょうか…。
 
鉄くぎについてですが、さびた鉄くぎがあれば、鉄くぎをさびさせる手順は不要です。
ペットボトルにそのまま酢と一緒に入れちゃってください。
 
5.の手順で作った小豆の染色液で、おそらく数枚のガーゼが染められると思います。
何枚か一緒に染めて、色止めはミョウバンと鉄くぎをそれぞれ使うと、いっぺんにいろんな色のストールができ上って面白いです。
 
ミョウバンや鉄くぎの他には、10円玉(銅)を酢に漬けた液や、灰を水に漬けた上澄み液なども色止めに使えるそうです。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。