ハンドメイド動画♪ ハオルシアもあるかも? ミニチュア多肉植物の作り方♪ ポリマークレイ


今回は、大流行中の多肉植物のミニチュア版の作り方をご紹介いたします。材料はポリマークレイです。飾り物やキーホルダー等にするとかわいいですね。
現在起きている多肉植物ブームは、従来からの愛好者に加えて若い女性の多肉植物ファンも多く、「多肉女子」という言葉も生まれました。
それに中国でも多肉植物のブームが起きているとか。
なんだかものすごく盛り上がっている多肉植物ブーム。
ハンドメイド好きさんも、ミニチュアの多肉植物をクレイで作って、このブームを楽しんでください。

[材料と道具]

 ポリマークレイ
 アクリル絵の具
 筆
 粘土ベラ、カッターの刃、つまようじ
 サンドペーパー
 接着剤

[作り方]

1. まず、植木鉢を作る。グレー、白、ピンクのポリマークレイを円柱形に形づくり、長さを整える。
 
2. オーブンなどで焼成する。サンドペーパーで表面を削って、植木鉢の質感を出す。
 
3. 細い筆を使ってアクリル絵の具で顔などの模様を描く。
 
4. 植木鉢の上部の接着剤を塗り、薄く伸ばした茶色のクレイを貼り付ける。端っこがボロボロになるようにつまようじ等で刺して土を作る。
 
5. 多肉植物を作ってつける。
・明るい緑色のクレイをカッターの刃などを使って細長い形にして、植木鉢に立てて付ける。
・濃い緑色のクレイを円柱形にして、カッターで一定間隔に切り分け、ひとつひとつをしずく形にする。平らに潰しながら、植木鉢に放射状に重ねて付ける。
・ラベンダー色のクレイを円柱形にして一定間隔に切り分け、大~小サイズの五角形の葉っぱをたくさん作る。植木鉢に放射状に重ねて付ける。
・黄緑色のクレイを切り分け、ジェリービーンズのような形にする。植木鉢に立てて付ける。
・アクアグリーンのクレイを切り分け、指で細長くする。15~20本ほどをまとめ、植木鉢に付ける。
 
6. 焼成する。
 
7. アクリル絵の具で多肉植物に色や模様を足す。全体的に白や黄色を塗ったり、赤や黄色を葉の先端に塗ったりする。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ ハオルシアもあるかも? ミニチュア多肉植物の作り方♪ ポリマークレイまとめ

かわいい多肉植物たちですね。
今、人気があるのは、多肉植物の中でも「ハオルシア」という種類で、サボテンやアロエとはちょっと違う種類のようです。
値段も高騰していて、中には数百万円の値が付くものもあるとか。

ブームに乗って、ハオルシアをさし芽や株分けで増やしてネットオークション等で販売する人もいらっしゃるそうで、これを聞いた時、私もやろうかと一瞬思いましたが、植物を宅急便で送るのが恐ろしいのでやめました。
自分で育てた植物を売ることに抵抗はないんですが、配送中が心配なのです。
枯れる危険性を考えると、どうしても神経質になってしまいます。
植物の流行も面白いですね。ハオルシアの前(の前?)は、ミニ盆栽やコケ玉が流行っていましたね。
次は何が流行るかな?それでは、ハンドメイドを楽しんで、素敵な毎日をお過ごしください。