ハンドメイド♪ 粘土で作るリアルな輪切りのレモン♪ スイーツデコ(*^▽^*)


今回は粘土で作るレモンの輪切りの作り方をご紹介します(#^ ^#) みずみずしくておいしそうですね!
単体でアクセサリーやチャームにしてもいいし、他のフェイクフルーツやスイーツと組み合わせても素敵です。
材料に使われている樹脂粘土や透明粘土ですが、最近はいろいろなものがあるようです。
 
複数のメーカーから販売されていて、それぞれ特徴も様々。弾力があって柔らかめに固まる物、かちかちに硬く固まって強度の高いもの、いろいろあるのでその製品の特徴を活かして使い分けると良いでしょう。
ここ数年で、様々な種類の手芸用粘土が手軽に手に入るようになって、作れる作品の幅が広がりましたね♪

 
乾くと透明になる粘土や、自然乾燥させるだけでキーホルダーやストラップにできるくらいの強度が出る粘土なんて、以前はありませんでした。
誰しもが、作ろうと思えば何でも作れてしまう、まさに夢の世界…。
ハンドメイド(ハンドクラフト)の世界はこんなにも進化しているのですね(*´ω`*)

[材料]

透明粘土(動画ではすけるくんを使用)
樹脂粘土(常温で乾燥して固まるタイプ)
アクリル絵の具(黄色、白)
お好みでツヤ出し用のニス

[道具]

厚紙またはいらなくなったクリアファイル、つまようじ、セロテープ
カッター、ものさし、ボンド、はさみ、やすり

[作り方]

1. 透明粘土にアクリル絵の具の黄色を混ぜて、円形に形作る。
 
2. 厚紙かクリアファイルを小さな長方形に切り、つまようじに巻き付けて下の部分をセロテープでとめて、しずく型の型を作る。
 
3. 円形に伸ばした透明粘土に、しずくの型で果肉の質感を付ける。
 
4. カッターで10等分の跡をつける(きれいな10等分になるようにものさしで図ってから付けると良い)。
 
5. つまようじで果肉を伸ばすようにしながら、中心に穴を開ける。
 
6. つまようじで果肉の外側に丸みをつける。
 
7. 一週間ほど乾燥させる。
 
8. 少量の樹脂粘土に白いアクリル絵の具を混ぜて、細く伸ばして10本の線を作り、ボンドで果肉の上に放射状に貼り付ける。
 
9.  8.と同じ粘土を、棒状に伸ばしてボンドで果肉の周りに接着する。はさみで丸い形に切り、必要に応じて乾燥後にヤスリで形を整える。
 
10. 黄色で着色した樹脂粘土にボンドを付けて薄く巻き付け、形を整える。ボンドと白の絵の具を混ぜたものを中央部分に塗る。
 
11. 好みで種をつけたり、ツヤだしのニスを塗ったりするとより本物らしくなる。
完成です!!(*^▽^*)
真ん中に隙間があるところがまたリアルですね♪ ぜひ挑戦してみて下さい!!