ハンドメイド♪ 樹脂風粘土で作る スイカの器のフルーツ盛合わせ ドールハウス


今回は樹脂風粘土で作るスイカの器のフルーツの盛り合わせをご紹介いたします。
この作品はドールハウス用に作られた作品のようです。
大きさは1.5cmくらいでしょうか?本当に小さいですね(#^ ^#)
 
レシピの中に、樹脂風粘土を乾燥させた後で半分に切ったり彫刻刀でくり抜いたりする工程があります。
粘土に詳しくなかったせいもあるのですが、この部分ではちょっとビックリしました☆
樹脂風粘土は乾燥するととても強度が増すと聞いていたので、切ったりくり抜いたりといった作業が本当に可能なのかなと。
調べてみると、樹脂風粘土の乾燥後の固さはメーカーによってそれぞれで、このレシピで使われているグレイスという商品であれば、乾燥した後で切ったり削ったりすることが可能だそうです。
他のメーカーの粘土を使用する場合は、乾燥後に切ることができるかどうか、チェックしてから作ってくださいね☆

 

切ったり削ったりが可能であるとはいえ、こんなに小さなものにカッターや彫刻刀を入れるなんて、器用でなければできないですよね。
本当に脱帽です(*^-^*) 自分でもこんなにかわいいものが作れたら素敵ですね。

[材料]

樹脂風粘土(動画ではグレイスを使用)
アクリル絵の具
速乾性油絵具
ツヤ出しニス

[道具]

作業用の台に使う厚紙、先の丸い化粧品のビンの蓋など
円形のテンプレートの定規(なければ厚紙で作成する)
カッター(おそらく丈夫なもののほうが良い)
彫刻刀

[作り方]

1. 樹脂風粘土をよくこねて黄~黄緑色にごく薄く着色する。
 
2. 6mmの厚さに伸ばして直径17mmの丸型で抜き取り、丸める。乾燥させる。
 
3. 厚紙に固定して水で溶いたアクリル絵の具で薄く緑色に着色する。
 
4. 絵の具が乾いたら厚紙からはずして、上下を逆さにして直径12mmのテンプレートで円を描き、その線でカットする。
 
5. カットした面に直径10mmの円を描いて、円の中を彫刻刀でくり抜く。
 
6. 先の丸いものに固定して、アクリル絵の具でスイカの模様を描く。
 
7. 再び厚紙に固定して、速乾性油絵具を薄く塗る。蓋になる方のスイカには、てっぺんに彫刻刀で削ってヘタを作る。
 
8. 乾いたらもう一度、先の丸いものに固定して、ツヤ出しニスを塗る。乾いたら器の完成♪
 
9. キウイ、バナナ、パイナップル、黄桃、さくらんぼなどのお好きなフルーツのミニチュアをバランス良く器に盛りつけてボンドで固定する。

完成です!!

ハンドメイド♪ 樹脂風粘土で作る スイカの器のフルーツ盛合わせ ドールハウスまとめ

中に入れるミニチュアのフルーツは別に作ってくださいね♪
こちらもとっても小さく作らないといけません…( *´艸`)
 
それにしても、ミニチュアの作品って、どうしてこんなにかわいいのでしょうね。
皆さんも、ぜひ挑戦してみて下さい!