ハンドメイド♪ 手作りコスメ 自宅で作れるローズマリー軟膏♪ 若返りクリーム


今回のハンドメイドは、手作り化粧品です。ご紹介するのはローズマリー軟膏で、ウルソール酸というアンチエイジング効果のある成分にこだわった作り方です。
 
材料として無水エタノールで漬けたローズマリーのチンキが必要ですので、まずこれを作らないといけません。
 
通常のハーブチンキはホワイトリカー(アルコール分35%)等で作りますが、ウルソール酸を抽出するためには、高アルコール度数のもので抽出しないといけないため、無水エタノール(アルコール分99.5%以上)を使います。
漬け込み期間は諸説ありまして、2週間~数か月だそうです。
 
通常のハーブチンキの漬け込み期間も2~4週間ですが、一般的には、無水エタノールを使うと漬け込み期間が短くて済むと言われています。
ウルソール酸を抽出するためには、無水エタノールでも結構な時間がかかるようですね。
 
また、軟膏にする時の基材は、必ずワセリンでないといけないそうです。
こちらに関しては、どこでも買えるし安価だし、さほど問題ではないと思います。
 
古くからローズマリーは若返りの妙薬と言われています。14世紀に70代のハンガリー王妃が、後にハンガリーウォーターと呼ばれる、ローズマリーを蒸留して作られるエキス水を、飲んだり塗ったりして元気になった結果、隣国ポーランドの20代半ばの王子に求婚されたという、本当かウソか分からない逸話も。
 
皆さんも、ローズマリーのアンチエイジング効果を取り入れて、ハンガリー王妃と同じくらいの若々しさ(と自分より何十歳も若い男性からの愛情)を手に入れましょう♪
 
ハーブチンキの作り方を以前ご紹介したことがありますので、よろしければ参考にしてください。

※参考記事:ハンドメイド♪ 手作り化粧品 ハーブのティンクチャー(チンキ)と化粧水の作り方♪

[材料と道具]

 ローズマリーチンキ(無水エタノール製) …10g
 ホワイトワセリン  …20g
 瓶         …耐熱性のあるもの
 計量スプーン
 軟膏用容器     …30g用
 はかり
 湯煎用の鍋
 泡だて器

[作り方]

1. 使用する器具を煮沸消毒する。
 
2. 瓶のホワイトワセリンとローズマリーチンキを入れる。
 
3. かき混ぜながら、強めの火加減で湯煎にかける。この時、エタノールが蒸発して部屋中に充満するため、必ず換気扇を回しながら行う。
泡が出なくなっても、濃い緑の層があるうちは、ワセリンとチンキがまだ馴染んでいない。
かき混ぜながら湯煎で温め続け、いきなり泡が激しくなったら終了。15分くらいかかる。
 
4. 熱いうちに容器に流し入れて冷やす。手などに塗ってみて、自分の肌に合うかどうか試してから使う。

完成です♪

ハンドメイド♪ 手作りコスメ 自宅で作れるローズマリー軟膏♪ 若返りクリームまとめ

まさにローズマリーのエキスそのものの軟膏ですね。
湯煎しながらかき混ぜる作業の時は、火傷に注意してください。それに、服の袖に火が付いたりしないように注意してくださいね。
 
湯煎は調理と違って、鍋の中に瓶やボウルを入れてそこで作業するので、気を付けないと本当に危険です。
そうそう、無水エタノールで作ったチンキは飲用不可ですので、飲まないでくださいね。
 
それでは、ハンドメイドで健やかな毎日を!