ハンドメイド♪ リメイク♪フェルト化したセーターでバッグを作ろう 中級以上向き

今回は、古いセーターをフェルト化させて、バッグにリメイクする方法をご紹介します。
 
1本目の動画の、フェルト化させる手順はとても楽しそうです。
 
いつもは縮まないように気を使って洗っているセーターも、フェルト化させる時は、熱いお湯の中でひたすら強引に揉み続けます。
2本目の動画では、フェルト化したセーターから素敵なバッグを作ります。
 
ただ、このバッグはちょっと難易度が高めなので、ハンドメイドに慣れていないと作るのが大変かもしれません。
白い猫の手がなんとも器用でかわいらしい動画です。ぜひお楽しみください。

☆フェルト化の仕方

[材料と道具]

 ウール90%以上で防縮加工されていないセーター…動画では95%以上になっているが、90%のものでもフェルト化できたとのこと
 バケツ
 洗濯板
 プラスチック製のヘアブラシ
 綿手袋、ゴム手袋
 洗濯用の洗剤    少々

[手順]

1. バケツに60度のお湯を入れ、少量の洗剤を溶かす。
2. 火傷防止のために綿手袋とゴム手袋を重ねて着用し、ヘアブラシと洗濯板を使ってセーターを揉み洗いする。セーターの表面をこするのではなく、全体を揉むように動かす。こすると痛むので、こすらないようにする。
他の注意点:製品によって色移りする場合があるので、1点ずつやる。フェルト化させるとかなり分厚くなる物もある。あまりに分厚くてミシンで縫いづらいものは手縫いでできるリメイクに使う。
3. 全体をまんべんなく揉む。全体的に締まった感じになったらお湯と冷水ですすぎ、脱水して乾燥させる。

完成です♪ フェルト化したセーターは、切り口がほつれにくいので加工がしやすいそうです。続けてバッグの作り方をご覧ください。

☆バッグの作り方

[材料と道具]

 表布(フェルト化したセーター)
 裏布           幅92cm×40cm
 ナイロンオックス生地   35cm×21cmくらい(ポケットに使う張りのある生地)
 皮テープ 1.5cm幅のもの  54cm×2本
 カシメ  8mm      8個
 ゴム板、3mmの穴あけポンチ、木槌、打ち棒

[作り方]

1. フェルト化したセーターを、縫い代を丁寧に切り取って解体する。切り取った縫い代は後で使うので取っておく。
2. 動画のコメント欄に記載されているHPから型紙をダウンロードする。印刷して切り抜き、貼りあわせ、型紙を完成させる。
3. 型紙通りに生地に印を付けて、縫い代を1cm付け、それぞれ2枚ずつ裁断する。ポケットは1枚でいい。
※動画ではセーターの裾リブを活かしてバッグを作っているので、上部の型紙と下部の型紙をジョイントさせた形に表地を裁断している。リブのないセーターで作る場合は、裏地と同じように上部と下部の型を別々に裁断して、下部にギャザーを寄せる(6.~9.の手順を参照のこと)。
持ち手を付ける位置をしつけ糸でマークしておく。
4. 表地を中表に重ね、両脇と底を待ち針で留めてミシンで縫う。白猫さんは待ち針を付けたまま縫っているが、安全のためにミシンの針の手前で外したほうが良い。底の奥行きの部分はこの時は縫わないで、後からたたみ直して縫うと奥行きが完成する。
5. ナイロンオックス生地でポケットを作る。ポケット口を1.5cmの三つ折りにしてミシンで縫い、底面で折る。両脇の縫い代を折って待ち針で留め、ミシンで縫う。
6. 裏地を縫う。下部の生地にギャザーを寄せる。しつけ糸で出来上がり線をはさんで2本ぐし縫いをして寸法の長さに糸を引き、形を整える。
7. 6.を表が上になるように置き、ポケットを乗せて縫い代に縫い付けておく。
8. 裏地の下部を中表に2枚合わせ、返し口を12cmほど残して脇と底をミシンで縫う。底の奥行きは表布と同様に後からたたみ直して縫う。
9. 裏地の上部を中表に合わせて両脇を縫う。表に返して下部に中表になるように入れ込み、ミシンで口を縫う。縫ったらしつけ糸は外す。
10. 裏地を表に返し、表地に中表になるように入れ込み、口を待ち針で留めてミシンで縫う。縫いにくい場合は目打ちで生地を送りながら縫う。
11. 返し口から表に返し、返し口を縫い綴じる。
12. 形を整え、バッグ口の端から1.2cmのところをミシンで縫う。
13. 持ち手を付ける。皮ひもの端から2cmと4cmのところにポンチで穴を開ける。バッグ本体にも印のところにポンチで穴を開ける。下からカシメの足を通し、皮ひもを置いてカシメの頭を乗せ、打ち棒を乗せて木槌で5~6回叩いて固定する。
14. 余った生地でコサージュを作る。型紙通りに生地を裁断し、ギャザーを絞って花の形にする。セーターを解体した時に出た縫い代で花芯を作る。4cmくらいにたたみながら縫いとめて花の中央に縫い付ける。後ろにコサージュピンを付けて、バッグの好きな位置に付ける。

完成です♪

ハンドメイド♪ リメイク♪フェルト化したセーターでバッグを作ろう 中級以上向きまとめ

素敵なバッグが出来上がりましたね。

 
着られなくなったセーターをこんなふうにリメイク出来たら素敵ですね。
 
ご紹介した動画は、手の込んだバッグへのリメイクだったので難易度がちょっと高めでしたが、ぺたんこバッグやアームウォーマー、スマホケースなどの比較的簡単に作れるものへのリメイクなら、初級者の方も挑戦しやすいと思います。ぜひリメイクを楽しんでみてください。