ハンドメイド♪ スポーツの秋 サッカーボールの編みぐるみ♪ かぎ針編み

もうすぐ体育の日ですね!
スポーツにちなんだ作品ということで、サッカーボールの編みぐるみをご紹介いたします。
五角形と六角形のモチーフをつなぎ合わせて作りますが、一番単純な編み方で作る球体よりも、作業量が多くて作るのが大変です。
でも本物と同じパターンの毛糸のサッカーボールが出来上がった時の達成感はまた格別です。ぜひ作ってみてくださいね。

[材料と道具]

毛糸 白、黒(水色)
編み針       … 極太毛糸なら7号の編み針、並太の毛糸なら5号の編み針が目安
綿
とじ針
鈴(お好みで)

[作り方]

1. 五角形のモチーフを12枚編む。人差し指に黒(水色)の毛糸を2回巻き付けて輪を作り、編み針を輪にさし入れて糸を1回引き抜き、鎖編みを1回編む。
 
2. 立ち上がりの鎖編みを2目編む。
 
3. 長編みを1回(五角形の一つ目の角)、中長編みを2回編む(辺の部分になる)。これを繰り返す。五つめの長編みを編んだら、最後の中長編みは1回で終わる。毛糸を切り、中心の輪を絞る。
 
4. 編み終わりの毛糸をとじ針に通し、一つ目の長編みの頭にとじ針を通し、次に後ろの中長編みにとじ針を通す。とじ針を通す場所は動画を参考にする。出来上がった鎖編みが他の鎖編みと同じ大きさになるようにして、残りの毛糸は裏側に編みこんで始末をする。編み初めの毛糸も裏側で編みこんで始末をする。
 
5. 六角形のピースを白の毛糸で20枚編む。五角形のモチーフと同様に、角の数を一つ増やして六角形を作る。
 
6. 五角形と六角形のモチーフをつなぐ。2枚のモチーフを中表に合わせ、編み針に白の毛糸を通し、モチーフの目の外側片方だけに編み針を入れ、毛糸を引き入れる。一辺につき4目を引き抜き編みでつなぎ合わせる。
 
7. 五角形のモチーフの次の辺に、新しい六角形のモチーフを足す。6.の手順と同じようにしてつなぎ合わせる。一番初めの目は、五角形のモチーフは6.の最後の目と同じ目になる。
 
8. 新しい六角形のモチーフを足して、同じようにしてつなぎ合わせる。
 
9. 五角形のモチーフに六角形のモチーフを5枚つないだら、毛糸を切らずにモチーフをつなぎ合わせながらとじ針を移動させ、外側に新しい五角形のモチーフを足す。サッカーボールの構造と同じになるようにモチーフをどんどんつないでいく。
 
10. 最後の1枚のモチーフの一辺をつなぎ合わせたら、このあたりで、まだ綴じられていない辺を綴じる。とじ針に毛糸を通して、ほかの辺の目に毛糸を通してから、目的の辺の目の外側の片方だけを拾ってつなぐ。毛糸を切らずに目を拾いながら移動して、つながっていない辺を順次つないで綴じていく。すべてつなぎ綴じたら毛糸を始末して切る。
 
11. つないだモチーフを表に返し、綿を7~8割詰める。好みで鈴を入れてもかわいい。
 
12. 綿を詰めた口を、表側からとじ針で、目の外側の片方だけを拾って綴じる。最後の一辺を綴じる前に残りの綿を詰める。綿の詰め具合で固さを調整する。全て綴じたら毛糸を始末して切る。

完成です♪

ハンドメイド♪ スポーツの秋 サッカーボールの編みぐるみ♪ かぎ針編みまとめ

もうすぐJリーグの今シーズンの優勝が決まりますね。いつもはクールな我が家族達は、地元チームを熱狂的に応援し、試合結果に一喜一憂しています。まさかこんなにサッカーに夢中になるとは…。地元にスポーツチームがあるというだけで、生活の中に楽しみが生まれるものなんだなと思いました。みなさんもスポーツの秋を楽しんでくださいね!