ハンドメイド♪ とぼけ顔のホッキョクグマのマカロンポーチ☆ 中級以上向け


かわいい真っ白なホッキョクグマのマカロンポーチをご紹介します(#^ ^#)
マカロンポーチは小銭入れやアクセサリーケースとしてはもちろんですが、イヤホンを入れるのに使う人も多いそうです。
なるほど、イヤホンのコードはからまりやすいので、単独で収納する小さな入れ物が便利ですね。
マカロンポーチは手芸を趣味とする人にとっては作りがいのある一品のようで、刺繍やビーズなどの飾り付き、内ポケット付き、フェルトや毛糸で作った物や、ハート型やスクエア型(もはやマカロン型にあらず)など、様々なバリエーションのマカロンポーチが作られています。

初心者の方は、ファスナー付けや全体のバランス(ちゃんと縫わないと形が歪みやすいようです)など、ちょっぴり難しく感じるかもしれませんが、何個か作っていくうちに上手に作れるようになっていきます
慣れてくると1~2時間で作れるようになるそうですので、ぜひ挑戦してみて下さいね♪

[材料と道具]

表布    …円形 2枚、動画にはありませんが耳になる布 4枚
内側の布  …円形 2枚、長方形 1枚
ファスナー …1本
ロープ   …3cmくらい 1本
キルト芯  …つつみボタンと同じ大きさに切ったもの 2枚、耳の形に切ったもの 2枚
つつみボタン(くるみボタン) …2枚
不要になったクリアフォルダーを円形に切り抜いたもの …2枚
黒の刺繍糸

[作り方]

1. 表布の一枚にホッキョクグマの顔を刺繍する。
 
2. 表布の周りをぐし縫いし、キルト芯とつつみボタンをのせて、糸を絞る。もう一枚も同じように作る。
 
3. 耳の形に切った布を、キルト芯を入れて縫って裏返す。2.の顔がついたほうに縫いつける。
 
4. ファスナーを中おもてにして、金具から5mmのところをミシンで縫って輪にする。縫う時に、二つ折りにしたロープを一緒に縫いこむ。
 
5. ファスナーの縫い代を少しカットして、長方形の内側の布をかぶせて縫い付ける。
 
6. ファスナーの上下の端をぐし縫いして糸を少し絞ってから、表布とファスナーを縫い付ける。目立つところなので、細かい縫い目で丁寧に縫う。
 
7. 内側の布の周りをぐし縫いし、円形に切ったクリアファイルを中に入れて糸を絞る。
 
8. 6.の内側に縫い付ける。縫う面をそらせた状態にすると縫いやすい。
 
完成です!!

ハンドメイド♪ とぼけ顔のホッキョクグマのマカロンポーチ☆ 中級以上向けまとめ

動画の中にはサイズの説明がないので、こちらで一例をご紹介させていただきますと、
ファスナー10cm、
くるみボタン直径35mm、
内側の布の芯(このレシピでは円形に切ったクリアファイル)
直径35~32mmくらいの大きさで作られる方が多いようです。

中に入れる芯にプラスチックのくるみボタンを使ったレシピが多く見られますが、牛乳パックや厚紙を使っても作ることができます。
その場合は、無地の面をポーチの表側になるようにして、印刷された絵や文字が透けて見えてないようにしてくださいね☆