【は猫の日】ハンドメイド動画♪ 動画が面白い♪ 段ボールの猫ハウスの作り方♪


2月22日は猫の日なので、ハンドメイドできる猫グッズをご紹介いたします。今回は段ボールで作る猫ハウスです。
動画の中では、あっという間に猫ハウスができあがっていますが、多角形と四角形を組み合わせた家の構造にベランダ、小さいおしゃれな窓もいっぱい。それに爪とぎを収納する引き出し付き。かなりの手間がかかっていると思われます。やはりその分、出来上がりが素晴らしいです。多角形の部分が塔みたいで、ちょっとムーミンの家みたいかも…。それともヘーベルハウス?こんな猫ハウスが部屋の中にあったら楽しそうですね。ぜひ挑戦してみてください!

[材料と道具]

 段ボール
 ガムテープ、接着剤
 内装用の壁紙
 両面テープ
 ベランダ用のフェイクグリーンとフェンス等

[作り方]

1. 猫ハウスの設計図を描く。
 
2. 材料を調達する。
 
3. 段ボールを設計図通りに組み立てる。
 
4. 入居希望者を内見させて反応を見る。
 
5. 内装用の壁紙を、猫ハウスの外壁に両面テープで貼り付ける。
 
6. 窓を切り開き、窓枠部分に色の濃い壁紙を細く切って貼る。
 
7. 屋根にも貼る。
 
8. エントツとベランダにも貼ったり付けたりする。
 
9. 爪とぎ収納用の引き出しなど、付けたい機能があったら設計の段階で付けておく。

完成です!

【2月22日は猫の日】ハンドメイド動画♪ 動画が面白い♪ 段ボールの猫ハウスの作り方♪まとめ

ベランダに犬のぬいぐるみが乗っているのが面白いですね。
猫を飼う場合、トイレや寝床などは必須アイテムですが、できれば猫ハウスもあると良いそうです
。猫は狭いところに隠れるのが好きなので、箱などを利用してちょっと隠れられるところを作ってやると、ストレスなく生活できるからです。
これは、猫の中に残っている野生の本能のせいだと言われています。襲ってくる敵がいない安全で快適な室内で飼われていても、身を隠すことができる自分だけの空間があると安心するようです。

現在は、猫は完全室内飼いが主流ですが、ちょっと前までは自由に外出できる環境で飼われていました。
サザエさんの家のタマもそんな感じですね。つい最近まで自由気ままに暮らしていた猫ですが、完全室内飼いの状態では限られた空間の中で、人間に合わせた生活をしなければいけません。
ちょっとかわいそうかなと思う一方で、自分が猫を飼うとしたら、やはり完全室内飼いにします。なぜなら、猫を放し飼いする生活はやはり大変。泥んこの足で座敷に上がるのはまだ良いほうで、獲物を見せに持ってきたリ、雨の日にわざわざお出かけしてずぶ濡れで夜中に帰ってきて布団に入れてくれと枕元で鳴いて起こされたり…今となっては掃除も精神力も追い付きません。

でも確かに、昔は猫の足にどれだけ砂や泥が付いているかなんか気にしなかったし…大人になって、自分で掃除するようになったから気になるのでしょうか。ちょっと考えさせられました。
それでは、温かくなって猫も人間も活動的になってくる季節です。ハンドメイドを楽しんで、元気にお過ごしください。