楽しいハンドメイド♪ UVレジンで作る金魚のストラップ ☆アクセサリーにも

ここ数年、ハンドクラフト好きの人の間で流行している、レジンクラフトをご紹介したいと思います♪

レジン(resin)とは、英語で「樹脂」の意味です。
レジンにもいろいろ種類がありますが、今回使うのは紫外線で液体から固体に変化(硬化)するUVレジンです。
UVレジンにも長所・短所がありますが、長所の一つに硬化時間が短いことがあげられます。
UVランプを使えば3~5分、太陽光の場合は1~3時間で硬化します。
硬化時間が短いということは、出来上がりも早いということ。
時を待たずして、すぐに作品の出来上がりを見ることができます。
ここで注意点ですが、レジンを扱う際は、室内の換気に十分気を付けること。
レジン液に直接手を触れないようにすること。
マスクと手袋の着用をおすすめします。
お子様が作業する時は、大人の方が必ず付き添ってください。
人気が広がったことで安価で材料を扱うお店が増え、気軽に始められるようになりましたが、危険物であることを十分認識して、安全に楽しみましょう(^o^)/

[材料]

カラーUVレジン液(クリア、クリアブルー、ホワイト)
金魚の柄のネイルシール
シェルパウダー
シリコンの型(オーバル型)

[道具]

マスキングテープ、つまようじ、もしあればUVランプ
マスクと手袋

[作り方]

1. シリコンのオーバル型の内側のほこりをマスキングテープで取り除く 。
2. 型にホワイトレジン液を出し、つまようじで一面に広げ、硬化させる。
3. グラデーションの1層目を作る。
クリアブルーの液を左側に少なめに、クリアの液を右側に多めに出して、つまようじでそれぞれ均一に広げる。
2つの液の境目はぼかすようにする。
レジン液を硬化させる。
4. グラデーションの2層目を作る。
1層目よりもクリアブルーの液を多めにして、同じように液をつまようじで型の中に広げて、境目をぼかし、硬化させる。
小さい金魚のシールを貼る。
5. 同様にグラデーションの3層目、4層目を作る。
クリアブルーの液の割合を一層ごとに増やしていく(4層目の段階でクリアブルーが8割になるように)。
6. 内部まで完全に硬化したら、型から取り出す。
7. 二匹目の金魚やそのほかの模様のシールを貼る。
上にレジン液を塗り、全体に塗り広げてから硬化させる。
8. バランスを見てシールを足す。
クリアのレジン液を塗り広げて、硬化させる。
9. 裏側にホワイトのレジン液を多めに塗り広げ、シェルパウダーをつまようじで埋め込み、硬化させる。
10. 金具を通すための穴を開ける。
細めのピンバイスで貫通させてから、太めのピンバイスで穴を広げる。
11. 丸カンを細長い形に変形させたものをペンチで取り付ける。
これに丸カンとストラップを付ける。
( ^ ^ ♪ 完成です!!
水色の透明な水の中に金魚が泳ぐデザインがとても美しいですね!
このような樹脂のパーツは、工場のような大きな設備があるところでないと作れないと思っていました。
レジンクラフトが流行するのも納得です☆
おうちでも作れる樹脂のパーツ、ぜひ挑戦してみて下さい♪♪