ハンドメイド動画♪ UVレジン メルヘンな遊園地柄のスマホケースの作り方


今回は、無地のスマホケースをメルヘン調の遊園地柄にカスタマイズする方法をご紹介いたします。
何の飾りも付いていないスマホケースの表面にレジン液を塗って、リボンや遊園地柄のシール等をペタペタと自由に配置して、かわいらしいメルヘン調のスマホケースに仕上げています。
自分で作ったかわいいスマホケース。毎日使うものは、やっぱりかわいいものが良いですね。

こちらの作品は、完成までにUVランプで2回硬化させています。
UVランプを使うと数分で終わる硬化も、太陽光だと数時間…。でも2回だけだし、厚みもそんなにないので、太陽光でもまだ嫌にならずに済む範囲かと思います。
レジン液や道具は100円ショップで揃えたけど、UVランプの購入はもう少し考えたいという人、結構いらっしゃいますよね。
そのような方や初心者の方も挑戦しやすい作品です。ぜひ、作ってみてください。

[材料と道具]

 白いスマホケース
 アクリル絵の具
 UVレジン液
 UVランプ
 ラメパウダー
 レース
 遊園地柄のぷくぷくシール
 コラージュシート
 レジンパーツ
 ラインストーン
 竹串、パフ等
 

[作り方]

1. 白いスマホケースを好きな色に着色する。アクリル絵の具をパフや布切れ等に付けて、ポンポンたたいて色を付ける。
 
2. 絵の具が乾いたら、全体にUVレジン液を薄く塗り、ラメパウダーを散らす。
 
3. 飾り用のレースや遊園地柄のぷくぷくシール、レジンパーツ等を好きなように配置する。飾りの間やすき間にレジン液を足す。
 
4. UVランプで3分ほど硬化させる。
 
5. もう一度レジン液を全体に薄く塗る。好みでラインストーン等の飾りを足す。
 
6. UVランプで完全に硬化させる。
 
7. (おまけ)余ったシールを使ってレジンパーツを作る。シリコン型にレジン液を1/3くらい入れて、ラメパウダーを全体に散らす。シールを乗せたら、着色したレジン液を入れて硬化させる。型から取り出し、表面に飾りを足し、レジン液を塗って硬化させる。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ UVレジン メルヘンな遊園地柄のスマホケースの作り方まとめ

金色とパステルカラーの組み合わせは最強ですね。キュートです。

レジン液の中に入れるパーツや飾りですが、耐水性があるものがいいようです。
布や紙だと水分を吸ってふやけたり、色が悪くなったりする可能性があります。
ただ、どうしても布や紙を使いたい場合には、コーティング剤を塗って布や紙の表面を防水加工するという方法もあるようです。
コーティング剤は「リキテックス ジェルメディウム」という製品などが評判が良いようです。
そういえば、この作品でもレース(布)が使われていますね。こちらの場合は、おそらく水を吸っても変色や色移りしないレースなのかと思われます。
動画を投稿された方が、何度か試してあまり影響が出ないようなレースを選んだのかもしれません。
 
今朝の天気予報で、紫外線が強くなってきているので、日焼け対策をしてください、と気象予報士さんが言っていました。
日焼けは美容の大敵ですが、太陽光でレジンを硬化させるには良いですね。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください。