ハンドメイド動画♪ 浴衣にいかが?透明な球体チャームが付いたかんざしの作り方♪ UVレジン


ビー玉みたいな球体のチャームが付いた、かんざしの作り方をご紹介いたします。大きなレジンの球体を、シリコンモールドを使って作った後、表面をピカピカに研磨して、まるでビー玉みたいにツヤツヤキラキラに仕上げています。
 
モールドを使って作ったレジンの表面がイマイチつるつるじゃないのは、モールドの表面に細かい凹凸があるのが原因です。
こんな時は、紙ヤスリとコンパウンドという粉で磨くとピカピカになります。必ず水に付けながら磨いてください。
 
涼しげで浴衣にぴったりのかんざしですね。風鈴を意識して作ったそうです。こんな素敵なかんざしを付けてお出かけしたら、気分が盛り上がること間違いなし。夏のおしゃれを存分に楽しんでください。

[材料と道具]

 かんざしの棒
 半球のシリコンモールド
 UVレジン液   …無色、イエロー、ブルー等
 UVライト
 ネイルシール
 丸ホログラム
 筆
 金ヤスリ
 耐水性の紙ヤスリ …目の細かいものを数種類
 雑巾、バケツ
 コンパウンド
 メガネ拭き
 ビニール手袋
 ピンバイス
 ヒートン
 飾り用のビーズやチェーン
 丸カン等のジョイント金具
 ニッパー、ペンチ

[作り方]

1. あらかじめ、半球のシリコンモールドの内側にUVレジン液を塗って、硬化しておく。半球は2個作る。
 
2. シリコンモールドの内側にネイルシールを貼り、その上にレジン液を塗って、硬化させる。
 
3. 好きな色のカラーレジンと、ラメを無色のレジン液に混ぜたもので、それぞれでうずまき模様を描き、硬化させる。
 
4. シリコンモールドの半分くらいまでレジン液を入れ、丸ホログラムを入れて軽くかき混ぜたら、レジン液をモールド満杯よりも少し多めに入れる。硬化させたら、モールドから取り出す。
 
5. 貼り合わせる面を、金ヤスリや耐水性の紙ヤスリなどで削って凹凸をなくす。水に濡らしながら行う。
 
6. 貼り合わせる面にレジン液を薄く塗布して、二つを合わせて硬化させる。
 
7. 貼り合わせた境目にレジン液を塗布し、硬化させる。
 
8. 目が細かい耐水性の紙ヤスリで、水に付けながら研磨する。段階的に紙ヤスリを目の細かいものに変えていく。表面がツルツルになったら雑巾で水気を拭き取り、コンパウンドを付けてメガネ拭きで磨いて艶を出す。コンパウンドにも粗目・細目・仕上げ目と3種類あるので、段階的に細かいものに変えて磨く。
 
9. ピンバイスで穴を開ける。ヒートンの根元にレジン液を塗って、穴に差し込み、硬化させる。
 
10. かんざしの棒に、出来上がった球体とビーズで作ったチャームを、チェーンや丸カン等で付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 浴衣にいかが?透明な球体チャームが付いたかんざしの作り方♪ UVレジンまとめ

研磨の仕方をさらっと補足しました。もっと詳しく知りたい場合は、各自で調べてください。それから、コンパウンドを使う時には、ビニール手袋をした方が良いそうです。なんでも、指紋がなくなってしまうとか。削れるのかな…??
それでは、暑さに負けないで、元気にお過ごしください。