ハンドメイド動画♪ 猫のためのDIY 窓際用・取り外しできる猫棚の作り方♪


ご紹介するのは、猫のための窓枠設置型の棚の作り方です。ちょっと本格的なDIYです。猫がこの棚に乗って窓の外を眺めて楽しめるように、細い窓枠に取り外し可能な棚を設置します。猫ちゃんの窓際の特等席です。
実は、この猫棚、取り外しできなくていいなら、もっと簡単に作ることができます。投稿された方は、棚受けの優美な曲線をフリーハンドで描ける程の腕前の持ち主です。
金属のスライド式の留め具まで手作りしています。これらを全て真似しなくても、市販の部品等で使えるものがあったら活用して作ってください。
しかし、安全面には充分に配慮して、安定した猫棚に仕上げてくださいね。
それでは、作業中にケガなどしないように気を付けて、DIYを楽しんでください。

[材料と道具]

 分厚い木の板
 長い木ネジ、釘
 充分な強度のある金属の板
 カーペット
 電動ノコギリ
 電動ドリルまたはキリ
 金属が切断できるハサミ
 金属の板の切り口を整えるヤスリ
 ボンド
 タッカー

[作り方]

1. 棚受けを作る。棚を取り付ける窓枠に紙を当てて、窓枠の形を直接写し取る。型紙を切り抜いて、窓枠にあてて形があっているか確認する。
 
2. 型紙の形を木の板に写して、電動ノコギリでその通りに切り抜く。
 
3. 棚板を切り、棚受けを取り付ける位置を下描きする。実際に窓枠に取り付けて位置を決めると良い。
 
4. 木ネジを打ち付けるところに、電動ドリルやキリで下穴を開ける。棚板に開ける穴は貫通させる。
 
5. 棚板と棚受けを木ネジで組み立てる(動画では棚受けが棚板からはみ出しているが、後でカーペットを貼るとこのはみ出しは解消する)。
 
6. 金属の板を、窓枠の深さや棚板の厚みを考慮した幅に切る。切り口にヤスリをかけて滑らかにする。
 
7. 金属の板に斜めの太い線を下描きし、電動ドリルで両端に穴を開けてから下描きの通りに切り抜く。
 
8. 金属の板を、棚板の背面に長い釘や木ネジでスライドできるように留める。下にスライドした時に、金属の板が木の板から出っ張らない仕上がりがベスト。
 
9. ボンドやタッカーを使って棚板にカーペットを貼る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 猫のためのDIY 窓際用・取り外しできる猫棚の作り方♪まとめ

この猫棚は、棚受けとスライド式の留め具で、窓枠を挟むことで安定させています。スライド式の留め具はしっかり頑丈に作ってください。
また、棚受けの形についてですが、動画のように窓枠の形に合わせた形にすると、棚は上にも下にも動きません。
つっかい棒のような形にすると、下には動きませんが、上には動く可能性があります。下に動かなければ棚は落ちませんが、取り付ける場所が窓(ガラス)なので、もしものことを考えるとやはり上にも動かないほうがいいかと思います。
ちょっと大変ですが、この部分は手を抜かないで窓枠の形にあったものを作った方が良さそうです。
窓枠が動画のような複雑な形状でないことをお祈りしております。
それでは、素敵な猫棚が出来上がりますように。