ハンドメイド動画♪ 2/22は猫の日♪ 猫の顔の巾着袋の作り方♪

今回は、大きく猫の顔がデザインされた巾着袋の作り方をご紹介いたします。
これはかわいい!お菓子などのちょっとしたプレゼントを入れるのにも良いし、もしも私が子供の頃にこんな感じの巾着袋を持っていたら、お気に入りの小物をしまっておくのに使っていたと思います。
猫の表情や、毛の色や柄を変えて作ったりすると、さらに楽しくなりそうですね。

動画では巾着袋の口の部分の作り方が省略されています。
本文に簡単に補足しましたが、もしも分からない場合は各自で調べながら作ってください。
写真や図で説明されているHPや本だと分かりやすいです。
決して難しくはありませんので、頑張って。
それでは、かわいい猫顔付き巾着袋、よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 本体用の生地   …14cm×14.5cm 2枚
 プリント柄の生地 …鼻と耳裏用
 フェルト     …白眼と瞳用
 刺繍糸
 ひも       …32cmくらいのもの 2本
 アイロン

[作り方]

1. 動画を参考に、自分の好きなように巾着袋の型紙を作る。
 
2. フェルト生地やプリント柄の生地で、目や耳などのパーツを切り抜く。
 
3. 本体用の生地に、型紙の通りに縫い線や猫の目鼻の位置の印を付ける。
 
4. 白眼をミシンで縫い付け、瞳を刺繍糸でオープンボタンホールステッチで縫い付ける。
 
5. ヒゲをアウトラインステッチで刺繍する。
 
6. 鼻を縫い付け、口をアウトラインステッチで刺繍する。
 
7. 耳の布を中表に合わせて、三角の部分を縫う。表にかえして三角の部分を表からもう一度縫う。下の部分にほつれ防止のかがり縫いをするか、ジグザグミシンをかける。
 
8. 本体用の布2枚の端を、かがり縫いまたはジグザグミシンをかける。
 
9. 本体用の布に、耳を待ち針で仮止めする。中表に合わせて、袋の部分を縫う。
 
10. 縫い合わせたところの縫い代を割ってアイロンをかけ、割ったところを縫う。開き止まりの部分はコの字型に縫う。
 
11. ひも通し口を作る。袋の口を三つ折りにしてアイロンをかけ、ひもを通すところが狭くならないように、折ったところの端っこを縫う。
 
12. 本体を表にかえして、ひもを通す。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 2/22は猫の日♪ 猫の顔の巾着袋の作り方♪まとめ

猫の鼻の真ん中にプリントの柄がきているのがかわいいですね♪
ミシンがなくても、このくらいの大きさなら手縫いでも作れると思います。ほつれ止めのかがり縫いをするのが大変だったら、代わりに手芸用ボンドを少量塗るなどの方法もあります。
先日、ウォーキングしていたら、前方の壁の後ろから出てきた黒猫に話しかけられました。
黒猫は性格が人懐っこいですね。それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください!