ハンドメイド動画♪ ビーズステッチ初級編 ひし形のビーズのピアスの作り方♪


小さなビーズで作る、ひし形のピアスをご紹介いたします。大きくて存在感のあるビーズで作るアクセサリーも素敵ですが、小さなビーズをこんな風に使ったアクセサリーも素敵ですね。この作品のような小さなビーズを針と糸で編む方法をビーズステッチと言います。ちょっと前に、立体的なビーズのモチーフが大流行しましたが、それに対してこちらは平面モチーフ。形は様々で、動物や花の形のものなどもあります。
この作品で使われているブリックステッチとは、レンガを積み上げたような形にビーズを編んでいく方法です。隙間なく1枚のシートに編まれたビーズを見ていると、ビーズ織りに近いものがあると思われますが、使う道具は針と糸だけ。手軽に始められそうですね。ご興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ビーズ織り用(円筒形)のビーズ …白、ゴールド(この作品ではデリカビーズを使用)
 ビーズステッチ用の糸   …白
 ビーズステッチ用の針
 ピアス金具
 飾りのメタルパーツ
 丸カン
 平やっとこ(ペンチ)  …2個

[作り方]

1. ビーズステッチ用の糸を70cmにカットして針に通す。
 
2. ラダーステッチ(コの字のステッチ)で7個のビーズを並列につなげる。糸をこまめに引き締めながら行う。ゴールドのビーズを2個糸の真ん中に入れて、糸を二重に通してから、2番目のビーズに針を通す。3個目のビーズを入れて、2個目のビーズに針を通してから3個目のビーズに針を通す。これを繰り返して7個のビーズを編む。
 
3. 7個のビーズが並列につなげたら、編み地をひっくり返して2段目を編む。白のビーズを2個入れて、下の段の2個目と3個目のビーズの間の糸をすくう。白のビーズの2個目→1個目→2個目の順に針を通す。3個目のビーズを入れて、下の段の3個目と4個目のビーズの間の糸をすくい、3個目のビーズに針を通す。同じようにして全部で6個のビーズを編む。
 
4. 編み地をひっくり返して、同じようにして3段目は5個、4段目は4個、5段目は3個、6段目は2個のビーズを編む。
 
5. 7段目はビーズ1個を入れて6段目のビーズの穴に針を通して糸を二重に渡す。下の段のビーズにジグザグに糸を渡してから糸を切る。
 
6. 反対側の段はビーズを変えて編む。残っている糸に針を通して、同じように編んでいく。2段目はゴールド6個、3段目は白5個、4段目はゴールド4個、5~6段目は白を3個と2個、7段目は好きな方の色を1個入れる。糸始末をして糸を切る。
 
7. どちらかの一番端のビーズに丸カンを通して閉じ、もう一つ丸カンを通してピアス金具をつなぐ。
 
8. もう片方の一番端のビーズに丸カンを通してメタルパーツをつなぐ。
 
9. 同じものを2個作る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ ビーズステッチ初級編 ひし形のビーズのピアスの作り方♪まとめ

この作品で使われているビーズは、ビーズ織り用の円筒形のビーズです。大きさは外径1.6mmなので、特丸小ビーズに近い大きさのようです。
 
ビーズステッチに使うビーズは基本的には何でも良いようですが、ブリックステッチの場合は規則的にビーズが並んだほうが仕上がりがきれいなので、ビーズの粒にバラツキのないものを選んだほうがいいと思われます。
外国製のビーズは意外と粒がそろっていないものが多いようで、作るものによってはこのバラツキ具合が良い味を出す場合もありますが、ビーズステッチに使う場合はご注意ください。
 
少量であれば選り分けて使うこともできますが、大量のビーズが必要な場合は、初めから粒がそろっていることに定評のある製品を選んだほうが良さそうですね。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください!