ハンドメイド動画♪ 細長いフォルムがおしゃれなミニクラッチバッグの作り方♪


今回は、横に細長い形のクラッチバッグの作り方をご紹介いたします。ミニサイズなので、ポーチにしても良さそうです。
クラッチバッグに限らず、横に細長いバッグはおしゃれですね。

横に細長いというデザインのせいで、バッグ自体の大きさはどうしても小さめになりますし(大きくて横に細長いとスポーツ用具入れか楽器ケースのようになってしまいます…)、普通の深さのバッグと比べるとやはり収納力は劣るので、荷物が多い時や普段使いのバッグには向きません。でも、横に細長いというだけで、デザインにインパクトが出てオシャレさは格段にアップ。
機能性よりもデザイン性を重視!ですね。
このクラッチバッグに関しては、もともとクラッチバッグ自体がそんなにたくさん荷物を入れるものでもないですし、使いにくさを感じることはないと思います。この作品は、フラップと真ん中についた大きいボタンもかわいいですね。ぜひ、作ってみてください。

[材料と道具]

 表布、裏布 …本体用:18cm×20cm 各1枚
        フラップ用:17cm×7cm 各1枚
 接着芯
 ゴムひも  …10cm
 ボタン   …1個
 アイロン

[作り方]

1. 表布の裏に接着芯を貼る。
 
2. 本体用の表布と裏布を、それぞれ中表に二つ折りにして両端を縫う。
 
3. フラップ用の布は、表布と裏布を中表に合わせて、長い辺の真ん中にゴムひもを挟む。角のラインを丸くして、ゴムひもを挟んでいない長い辺以外の3辺を縫い合わせる。
 
4. フラップの角のカーブがきれいに出るように、縫い代に三角の切り込みを入れる。
 
5. 表にかえしてアイロンで形を整える。フチにステッチを入れても良い。
 
6. 本体の角にマチを作る。角の部分を二等辺三角形になるようにたたんで、二等辺三角形の底辺が3cmになるところを縫う。表布と裏布両方に作る。
 
7. 本体の表布のほうを表にかえして、まずフラップと中表に合わせてから(ここで表布とフラップを縫い合わせてもいい)、裏布も中表に合わせる。中央部分に5cm程の返し口を残して縫い合わせる。
 
8. 返し口から表にかえして、アイロンで形を整える。
 
9. 入れ口部分の端から3mmのところを1周縫う。返し口も縫いとじる。
 
10. ボタンを付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 細長いフォルムがおしゃれなミニクラッチバッグの作り方♪まとめ

表布はリネン素材でしょうか。ザックリした質感とちょっとレトロな花柄が良いですね。
 
しかし、トートバッグに慣れているとクラッチバッグは小さすぎる気がするのですが、今回の流行は意外と長く続いていますね。皆さん、ポーチ的な使い方をしているのかな?または、ダウントンアビー(イギリスの時代劇)に出てくる高貴な女性達のごとくに侍女が後ろに付いているのかしら…。
そうそう、ドラマの中でカーソンさんとヒューズさんが結婚しましたね。壮年になってからの結婚も素敵だなと思いました。それでは!