ハンドメイド動画♪ プリント柄の布で作る女の子のマスコット人形♪ 簡単 ちょっとレトロ


小さなだるま型の女の子のマスコット人形をご紹介いたします。これは、なんてかわいいお人形なんでしょうね!
なんだか1970~80年代のマスコット人形みたい…。昭和の頃のマスコットには、こういうテイストのものがたくさんありました。
覚えている方は、ものすごく懐かしく感じるのではないかと思います。

 
このお人形ですが、小さな球体を二つ作ってくっつけるだけなので、簡単に作れます。
 
縫い目が見えないところにくるようになっているので、ステッチの美しさを気にする必要もありません。
髪の毛を頭に縫い付けるところがちょっと大変かもしれませんが、少しずつやれば大丈夫だと思います。
毛糸が動いて縫いにくい場合は、髪の両端を糸などでちょっと束ねておくとやりやすいかもしれません。
 
髪型やお洋服、リボンやお花の飾りなどを、自由にアレンジして作ってください。
出来上がるのは、少女の頃の思い出が蘇るお人形かもしれないし、初めて出会うお人形かもしれません。
いずれにしても、きっと素敵なお人形だと思います!

[材料と道具]

 頭部用のベージュ色等の布
 体用のプリント柄の布
 髪用の毛糸
 襟用のレース
 目用のシールタイプのラインストーン
 ペレット
 綿
 飾りのリボンや小さな造花

[作り方]

1. 体を作る。体用の布に、お皿などを使って円形を描き(ここでは直径16.5cmの円)、切り抜く。円の端から1cmくらいのところを1周縫って糸を絞り、ペレットを詰めてとじる。
 
2. 頭を作る。頭用の布に、体の時の半分くらいの大きさの円形を描き(ここでは直径8cmの円)、切り抜く。同じようにして円の端を縫い、糸を絞って綿を詰めてとじる。
 
3. 髪を作る。毛糸を空きビンなどに巻き付けて、束にしておく。
 
4. 体と頭をだるま型に縫い合わせる。この時、体をとじたところは首に、頭をとじたところは後頭部になるように合わせる。
 
5. 髪を縫い付ける。束ねた毛糸の真ん中を、頭のてっぺんに合わせて少しずつ縫い付ける。縫い付け終わったら、左右で束ねる。
 
6. レースを縫い縮めて、体の前面に付けて襟を作る。
 
7. 髪にリボンや小さな造花などを付ける。
 
8. シールタイプのラインストーン等で目を付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ プリント柄の布で作る女の子のマスコット人形♪ 簡単 ちょっとレトロまとめ

髪がゆるいカールな感じでかわいいですね。
 
1980年代に大流行した、ハンドメイドの人形作家のおおたかてるみさんをご存知でしょうか?
おおたかてるみさんの作品はフェルトのマスコットですが、この作品にもちょっと雰囲気が似ているような気がします。
 
おおたかさんの本の中に、数体1組の花の精や12星座のマスコットなどが確かあったと思います。
それらは基本の顔の形は共通で、髪型や洋服がそれぞれ違うというものだったんですが、とてもかわいかったです。この作品で同様のものが作れたら、きっと素敵ですね。