ハンドメイド動画♪ フェイクスイーツ 明治おやつのカールの作り方♪


先日、明治製菓の「カール」が、8月生産分をもって中部地方以東での販売を終了するという、ショッキングなニュースが日本中を駆け巡りました。ユーモラスでちょっぴり郷愁を誘うテレビのCMソングは、バリエーションが何種類もあって楽しかったですね。キャラクターのカールおじさんと男の子とカエルも面白くて好きだったなあ。西日本では販売継続なので、全く食べられなくなってしまう訳ではないけれど、なんだかとても寂しいですね…。当方は東日本在住なので、西日本に旅行に行った時にお土産として買ってくることにいたしましょう。

今回のハンドメイドは、紙粘土で作るフェイク(偽物)のカールです。食べられませんが、本物そっくりの紙粘土のカールを、ぜひお楽しみください。

[材料と道具]

 紙粘土
 アクリル絵の具 …黄土色、オレンジ
 歯ブラシ
 細筆

[作り方]

1. 黄土色のアクリル絵の具を、紙粘土に混ぜてよくこねる。
2. 次に少量のオレンジ色のアクリル絵の具を混ぜる。カールの写真と比較しながら、近い色合いにする。
3. 着色した粘土を適量取り、細長い形に形成する。歯ブラシで表面を叩いて、スナック菓子の質感を付ける。
4. 細い筆の柄でCの形に曲げる。乾燥させると開いてくるので、Oの形に近いくらい丸める。
5. 乾燥させる。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ フェイクスイーツ 明治おやつのカールの作り方♪まとめ

何気にいっぱい作るのが大変そうですね。それから、カール(本物)を食べたら、袋はこれのために洗ってとっておきましょう。写真か何かをパソコンから印刷すればいいかもしれませんが。
 
カールの販売終了まであと数か月ありますが、昨日スーパーに行った時に、ダイエット中にも関わらず思わず買ってしまいました。販売終了前の駆け込み需要って絶対ありますね。記録的な売り上げになったりして…。
子供が少なくなった影響で、お菓子業界は軒並み売り上げが落ちているそうです。カール販売終了のニュースを聞いた時、一瞬、形状や値段は違うけど味はそっくりなスティックタイプの某商品に負けたのか?!と思っってしまったのですが、そうではないようですね。こちらの商品も市場の状況は同じなので、以前より売り上げが下がっていると聞いたこともないし、そういう気配も感じませんが、もしかしたら苦労されているかもしれませんね。値段も発売当初から30年以上変わっていませんし…。チ〇〇チョコは値上げしてるのに…。
 
駆け込み需要でカールの食べ過ぎにご注意を。大人はちょっと食べただけでも、すぐに食べ過ぎになってしまいます。やっぱりお菓子は子供のものだ。それでは!