ハンドメイド動画♪ ドライフラワーをオイル漬けにするハーバリウムの作り方♪


今回は、冒頭から皆さまにお詫びしなければいけません。以前書いた「絵本みたいな植物標本の作り方」の記事で、オイルに漬けこむタイプのハーバリウムは、生花が使用できるという記述をしたのですが、これは大きな誤りでした。
 
実は、植物の色素を残せる液浸標本はとても難しい技術だそうで、ハーバリウムの専用オイルを使用したとしても、使用できる花材はドライフラワーだそうです。
生花を使うと、数日で色素が溶けだして、オイルが濁ってしまうそうです。ああ、なんてことでしょう…。
生花が使えるんだ!と期待された方がいらっしゃったら、本当に申し訳ありません!!
 
でも、ドライフラワーも生花に負けないくらいに綺麗なものがたくさんあります。
ドライフラワーで作ったハーバリウムの日持ちは、だいたい3か月から1年くらいです。
きれいな状態を保ったまま、お部屋に飾って楽しめます。瓶入りなので、ほこりを払うのが簡単です!ぜひ、挑戦してください。

[材料と道具]

 ドライフラワーやプリザーブドフラワー …好きなものをいろいろ
 ガラス瓶   …密閉できるもの
 専用オイル
 ピンセット  …水槽用の長いものが便利
 キッチンペーパー

[作り方]

1. 使用するガラス瓶は、あらかじめきれいに洗って、完全に乾かしておく。
 
2. ガラス瓶に花材を詰める。まず、アジサイやカスミソウ等の、短くてボリュームのある花を一番下に入れて、土台を作る。色のバランスや配置を考えながら花を入れていく。短い花をある程度入れたら、長い花を入れる。浮かないように、土台の花に茎が絡まるように配置するか、ある程度の量を入れて花がオイルに浮かないようにする。
 
3. 専用のオイルを花の位置を崩さないように静かに入れて、フタを閉める。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ ドライフラワーをオイル漬けにするハーバリウムの作り方♪ まとめ

専用オイルが品薄などの理由で手に入らない場合は、流動パラフィン(薬局で購入できます)や、もっと手軽にベビーオイルでも代用できるようです。ベビーオイルの主成分は流動パラフィンで、他には酢酸トコフェロール(ビタミンE、防腐目的)が入っているだけだそうです(製品にもよります)。でも、専用オイルと比べると、中のドライフラワーの色あせは早いそうです。

これはもしかして…、オイルに流動パラフィンやベビーオイルを使った場合、中に入れたドライフラワーの種類によっては、3か月~1年後にスキンオイルが出来上がっているということになるのでは…。だって流動パラフィンやベビーオイルは肌に付けて良いものだし…植物の色素がそれに溶けだしているということは…。いえ、やっぱりやめときましょう。もし、そのようなオイルを手作りしたい場合は、きちんとそれ用に作りましょう!