ハンドメイド動画♪ クリアカボションで好きなイラストのペンダントを作る方法


以前、レジンの中にペットの写真を入れてアクセサリーを作る方法をご紹介いたしました。
今回は、同様のアクセサリーを、クリアカボション(ドーム型ガラスパーツ)を使って作る方法をご紹介いたします。
※参考記事:ハンドメイド♪2/22猫の日なので UVレジンで飼い猫さんのアクセサリーが作れます
 
レジンの中にイラスト等が描かれた紙をとじ込めるのは、レジン液にインクが溶け出てしまったり、紙が湿ることで色合いが変化したり、シワが入ったりと、意外と難しいものです。でも、クリアカボションで作れば、接着剤でパーツと紙を貼り合わせるだけなので簡単に作れます。時間も材料費も、レジンで作るよりもかかりません。ただし、デザインの自由度はかなり制限されます。既成のパーツから作るので、これはしょうがないかもしれませんね。だからと言って、同じようなものしか作れないという訳ではありません。工夫次第で個性的な作品を作ることができます。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください!

[材料と道具]

 ペンダントの中に入れるイラストや写真
 ガラスのクリアカボション …2.5cm
 ペンダントトレイ  …2.5cm
 Nunn Design Glue(接着剤)…セメダインスーパーXGゴールドやウルトラ多用途SU等で代用可
 筆
 綿棒
 はさみ
 窓掃除用の洗剤
 ペンダント用チェーン
 留め金具
 マルカン
 ペンチ

[作り方]

1. 筆を使って、イラストの紙の中央に接着剤を多めに乗せる。
 
2. その上にクリアカボションを乗せ、軽く押し付ける。この時、空気が入っていないようにする。はみ出した接着剤を綿棒などで丁寧にふき取って、完全に乾燥させる。
 
3. ペンダント用チェーンに留め金具をつける。
 
4. イラストの紙をクリアカボションの大きさに合わせて切る。
 
5. ペンダントトレイに接着剤を薄く塗り、クリアカボションを乗せて押し付ける。筆を使ってペンダントトレイとクリアカボションの間の隙間に接着剤を塗り込む。
 
6. 接着剤が乾いたら、綿棒に窓掃除用の洗剤を付けて、はみ出している接着剤をきれいにする。※使用する接着剤によっては、きれいにできない場合もあるので要注意!
 
7. 眼鏡用のクロスで磨き、チェーンを通す。
 
完成です♪

ハンドメイド動画♪ クリアカボションで好きなイラストのペンダントを作る方法まとめ

この作品で使用しているNunn Design Glueは、シリコン入りの接着剤で、透明なものに紙を接着する時によく使われているようです。
レジンの中に紙を入れる時のコーティング剤としても使用できます。
 
日本では扱っているお店が少ないようなので、代用できるものを記載しました。
ただし、最後のほうの手順で、はみ出した接着剤を窓掃除用の洗剤で拭き取っていますが、接着剤によっては拭き取れない可能性もあります。ご注意ください。
 
アクセサリー作りで接着剤選びは重要ですね。この作品もそうですが、透明なものに塗る接着剤は、透明度の高いものでないといけません。
それにガラスや金属のパーツは、接着力が強い接着剤でないと、うまくくっつきません。いろいろ試してみて、自分が求める性能のものを探してみるのも良いかもしれませんね。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。