ハンドメイド動画♪ アクリル毛糸で編んで作るかわいいエコハンディモップ♪


今回のハンドメイドは、アクリル毛糸で編むかわいいお掃除グッズ、エコハンディモップの編み方をご紹介いたします。柄の部分は、使い捨てのハンディモップのものをリユースします。
使い捨ての雑巾やお掃除シートはこれ以上にないくらいに便利ですが、日常的に使っていると、ふと罪悪感を感じることが…。
「私って、掃除すらも新品のものをゴミにしないとできないんだろうか…。(ちょっと落ち込み↓)」
「決して高価なものではないけど、塵も積もれば山となるよなあ。(めざせ貯蓄金額○○円)」
そんな人には、このエコハンディモップがおすすめです!リサイクルの糸で編むと、さらにエコになります。アクリルたわしの次は、ぜひエコハンディモップを。ご興味がありましたら、挑戦してください。

[材料と道具]

 アクリル毛糸
 糸の太さに合ったかぎ針
 使い捨てのハンディモップの柄
 とじ針

[作り方]

1. 鎖編みを16目編む(作り目)。立ち上がりの鎖編みを1目編み、作り目の鎖編みに細編みを1目ずつ編み、細編みの1目めに引き抜き編みして輪にする。下の鎖編みは、後で引き抜き編みでつなぐ。
 
2. 立ち上がりの鎖編みを編んで、1目めと2目めに細編みを編んだら、3目めからリング細編み(またはダブルリング細編み)を8目編む。残りの6目は細編みを編む。編み終わったら、1目めに引き抜き編みする。同じようにして2段編む。
※リング細編み:針を前段の目の頭に入れたら、中指に糸をかけてから針に糸をひっかけて引き抜く。
※ダブルリング細編み:人差し指に糸を2重に巻き付け、針を前段の目の頭に入れたら人差し指にかかっている糸を3か所でひっかける。そのまま目の中に引き入れ、人差し指を外す。針に糸をひっかけ、かかっている4本の糸を一度に引き抜く。
 
3. ハンディモップの柄にストッパーが付いている場合は、3段目でストッパーが出る穴を作る。立ち上がりの鎖編み、細編み2目、リング細編み8目、細編み3目、鎖編み3目(これが穴になる)を編んで、1目めに引き抜く。
 
4. 1段目と同じ編み方で13段まで編む。
 
5. 目のずれを直すために、14~19段目は立ち上がりの鎖編み、細編み3目、リング細編み8目、細編み5目で編む。目がずれない人は、編み方を変えなくていい。
 
6. 柄の長さを一度合わせて、短いようならもう何段か編む。編み終わったら、少し長めに糸を切り、とじ針に通して、2重にかがってとじる。
 
7. 表に返す。
 
8. 柄の形状に合わせて、真ん中を約1cmの幅にステッチを入れる。下のリング細編みのループを巻き込まないように注意する。
 
9. モップを背中側に縦に二つ折りにして、細編みの目の両端同士を、下から5cmくらいのところまでかがる。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ アクリル毛糸で編んで作るかわいいエコハンディモップ♪まとめ

やっぱりかわいいお掃除グッズは良いですね~。こういうものほどかわいくしたほうが、生活が楽しくなりますね。
リング細編みは編み方がいろいろあるようです。一番一般的と言われているものを記載しました。
 
8月のカレンダーを見ていて、なんで11日が赤字になっているんだ?と思ったら、山の日(祝日)でした。すっかり忘れてました。山の日は曜日に関係なく8月11日で固定のようですね。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。