ハンドメイド動画♪ くま?猫?パッチワーク柄のペタンコぬいぐるみの作り方♪


素朴でかわいい猫のペタンコぬいぐるみ…ではなく、これはくまでした。布を細長く切って、縫い合わせて、また切って…パッチワーク柄を作るのって、結構手間がかかるなあ。
きっちり正方形に縫い合わせないときれいに仕上がらないだろうし…と、思って見ていたら、完成したくまさんは結構ラフに出来上がっています。わざとずらして縫ってるのかな??でもまあ、なるほど。こんな感じでいいんですね。
 
余っている布で作れますが、パッチワークは布の組み合わせがポイントになるので、その点はちょっとだけ考えて作ってください。
この作品には、ダウンロードできる型紙はありません。
シルエットだけで十分なので、ご自身でかわいいくまさんをデザインして作ってください。きっとオリジナリティ溢れるくまさんが出来上がります。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 好きな柄の布   …数種類
 目や鼻用のボタン …2~3個
 詰め物の綿
 アイロン

[作り方]

1. 型紙を作る。
 
2. 布を幅5~7cmくらいに細長く裁断する。配色を考えて縫い合わせて、1.で作った型紙が2枚入る大きさの布にする。
 
3. アイロンをかける。縫い代は全て同じ方向に倒しておいたほうが、後で裁断や縫い付けがしやすいかもしれない。
 
4. 布を2.で縫い合わせた方向と直角の方向に細長く裁断する。同じ布ができるだけ隣同士にならないように配置してパッチワーク模様を作る。これを縫い合わせて1枚にする。
 
5. アイロンをかける。
 
6. 生地を中表にふたつに折る。型紙の型を写して、縫い代を入れて裁断する。
 
7. 裁断したパーツを、中表に合わせて、返し口を残して縫い合わせる。
 
8. カーブがきつい部分の縫い代に切り込みを入れる。余分な縫い代も切り落とす。
 
9. 表にかえして綿をまんべんなく詰め、返し口をかがってとじる。
 
10. ボタンで目を付ける。円く切った布を鼻の部分に縫い付けて少量の綿を入れる。その上に、バツ印で口を縫って、鼻(ボタン)を付ける。

完成です!

ハンドメイド動画♪ くま?猫?パッチワーク柄のペタンコぬいぐるみの作り方♪まとめ

最後の手順の、顔を縫うところが楽しそうですね。また、初めの方に出てくるぬいぐるみの体に、アップリケでポケットが付けられているのがかわいいです。
もしよろしければ、皆さまも自由に飾り等を付けてみてください。
 
パッチワークというと、正確に布を裁断して、正確に縫いつなげて、裏の縫い代もきれいにアイロンで整えて…いうイメージがありまして、実はこの動画の作成手順を記事におこす時も、固く考えていたところがありました。
でも、この作品は細かいところにこだわらなくて良さそうですね。目一杯楽しんで作りましょう。
それでは、ハンドメイドで毎日を楽しんでお過ごしください。