ハンドメイド動画♪ お部屋にグリーンを 苔玉の作り方♪ 初級編


今回は、苔玉の作り方をご紹介いたします。涼しげでこれからの季節にぴったりのグリーンです。
一緒に植える植物や、苔玉の形を変えることでバリエーションを出すことができます。ちょっと楽しそうですね。
例えば、しずく型や四角形、あんぱん型(どんな形でしょう?!)にしても良いそうです。
 
使用する土は、園芸店やホームセンター等で購入することができますが、土だけで3種類(しかも、一番小さい袋を買っても絶対に余ります)、その他にくん炭と緩効性肥料も必要なので、全ての材料がセットになったキットを購入するのが手軽かと思います。
 
苔玉は一時ブームになりましたね。ぜひ挑戦して、お部屋に素敵な苔玉を飾ってください。

[材料と道具]

 土をこねるためのトレイ
 水を張ったボウル
 コップ
 ハサミ
 ケト土
 富士砂
 赤玉土
 くん炭
 緩行性肥料
 苔    …ハイゴケやコツボゴケ等がおすすめ
 一緒に植える植物 …この作品ではナギという植物を使用
 糸    …木綿糸やテグスなど何でもOK
 手袋

[作り方]

1. ケト土と赤玉土を混ぜ、水を少しずつ加えて、耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねる。赤玉土の粒はつぶす。手袋をしたほうが良い。
※土の割合はいろいろあり。ケト土:赤玉土:富士砂=1:1:1としているところもあれば、5:3.5:1.5や、2:2:1としているところもある。
 
2. 富士砂とくん炭(少量)も混ぜて、団子状にまとまる状態にする。
 
3. 団子を割って緩効性肥料(少量でOK)を混ぜる。全体にまんべんなく混ざるようにこねたら土の完成。
 
4. 一緒に植える植物の根に付いている土を優しく取り除く。洗い流しても良いが、無理に全て落とさなくても良い。根があまりに長い場合はハサミで切る。
 
5. 植物の根を土で包む。大きくなる植物なら土の量を多くする。
 
6. 水に浸して湿らせた苔を、優しく引っ張って伸ばしながら、土の部分を覆って貼り付け、手で押さえて形を整える。
 
7. 糸をいろんな方向からぐるぐる巻いて苔を固定する。巻き始めと巻き終わりの糸端同士を結んで、糸を切る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ お部屋にグリーンを 苔玉の作り方♪ 初級編まとめ

作成したら10分くらい水に付けて、1週間くらい日陰で涼しいところに置いて養生させると良いそうです。
その後の置き場所は、できれば室外の直射日光が当たらないところがおすすめです。最近は夏場の気温の上がり方が半端でないので、できたら室外が良いですね。
室内に置く場合も、とにかく直射日光が当たらないところに置いてください。
 
ケト土についてですが、湿っている時は粘り気があって保水性が高いですが、乾燥するとカチカチに硬くなる性質があるそうです。
まさに粘土のような土ですね。苔玉や盆栽などにはいろんな使い方ができて面白いそうですが、それ以外には向かないそうです。
大量に余ったからと言って、普通の植物の土に使用するのはNGですので、ご注意ください。
 
今年の夏は暑くなるかもしれないそうです。グリーンの癒し効果で暑い夏を元気に乗り切りましょう!