ハンドメイド♪ 華やかな装いに アーティフィシャルフラワー&リボンフラワーのコサージュ2作品

大人っぽいデザインのコサージュを2作品ご紹介いたします。
ひとつめの作品はアーティフィシャルフラワーを使ったコサージュです。
アーティフィシャルフラワーとは、普通の造花よりもリアルにかつ本物の花以上に美しく作られた造花です。

ふたつめの作品はリボン状に切った薄い布を巻いて作るコサージュです。
大人の女性に似合いそうなシックなデザインです。

両方とも大きめのデザインなので、結婚式やパーティーなどで華やかに装った時に付けると引き立つと思います。
結婚式のご出席や、お子様の七五三で家族写真を撮影されるなど、改まった装いをされる予定のある方は、ぜひご活用ください。

☆アーティフィシャルフラワーのコサージュ

[材料と道具]

 お好みのアーティフィシャルフラワー
 ブローチ台
 リボン
 手芸用のワイヤー
 グルーガン、または強力な接着剤
 はさみ

[作り方]

1. リボンを手に巻いて中心にワイヤーを巻き付ける。
 
2. アーティフィシャルフラワーを茎から外す。
 
3. 花の配置をシミュレーションして決める。
 
4. 配置が決まったら、ブローチ台にグルーガンで接着剤をたっぷり塗りつけ、アーティフィシャルフラワーやリボンを配置していく。
 
5. 冷めるのを待ってから、リボンなどの形を整える。裏から見てくっつきが足りないところがあったら、接着剤を足す。

落ち着いた色合いの素敵なコサージュが完成しました♪
アーティフィシャルフラワーを使っているのでとても華やかですね。
リボンや添え花などでも雰囲気が変わります。楽しんで作ってください。

☆リボンフラワーのコサージュ

[材料と道具]

 ポリエステル製のうすい布(動画ではカーテン用の布を使用しているとのこと)
 ハサミ
 グルーガン(手芸用ボンドで代用可)
 ろうそく
 スポンジと皿
 裏側用のフェルト
 安全ピン

[作り方]

1. リボン状にカットしたポリエステル製の布を折りたたむ。
 
2. 上の部分をハサミで花びらの形に切る。
 
3. ロウソクの火で布の端をあぶる。
 
4. 濡らしたスポンジを皿に入れておく(グルーガンの糊で熱くなった指先を冷やすためのものと思われる)。動画を参考にして、ギャザーを寄せて花の形を作りながら、布をくるくると巻いていく。グルーガンを花の根元に付けながら行う。動画4:30時点の花は、約100cmの布を巻きおわった状態のもの。
 
5. 花が好みの大きさになるまで、ギャザーを寄せながら布を巻き続ける。動画では最終的に約250cmの布を巻いたとのこと。
 
6. 丸く切ったフェルトに2か所切り目を入れ、安全ピンを付ける。これをグルーガンで花の裏側に貼り付ける。

シックなデザインのコサージュが完成しました♪ 大人の女性に似合いそうですね。ロウソクの火で布をあぶる際は、焦げすぎにご注意くださいね。

ご紹介した二つのコサージュは、ちょっと小さめに作って普段使いでバッグやマフラーに付けてもかわいいと思います。
ボリュームや色合いを変えて自由に作れるのもハンドメイドのいいところです。
この秋はコサージュを使ったおしゃれを楽しんでください!