ハンドメイド♪ 簡単 がま口財布の作り方♪


(「簡単がま口財布の作り方」)

(補足動画「がま口のカシメの仕方」)
今回は、がま口財布の作り方をご紹介いたします♪
 
以前、がま口のお財布の作り方を調べた時、口金に紙ひもが入っているということに驚いたものです。
今まで使ってたがま口、洗濯したことあったっけ?と…。あったとしても手洗いしたと思いますが(^_^;)
 
 
型紙についてですが、もしお手元に型紙がない場合は、動画の中に出てくる型紙を参考に自作してください。
単純な形なので難しくないと思います。
 
この時、財布の袋の部分は任意の形で大丈夫ですが、口の部分の形は使用する口金の形に合わせて作る必要があります。
使用する口金を紙の上に置いて、鉛筆で輪郭をなぞって形を取って、型紙にしてください。
 
 
がま口を作る時に一番重要な工程は、やはり口金を付けるところです。
口金の端をペンチでしめる方法については補足動画も添付しました。ぜひ挑戦してみて下さい!

[材料と道具]

型紙、がま口の口金、紙ひも、
表布、裏布、
手芸用ボンド、爪楊枝、
目打ち、ペンチ

[作り方]

1. 表布、裏布とも、型紙通りに布に印を付け、縫い代を1㎝取って布をカットする。
 
2. 表布を中表に2枚合わせて底を縫い、布の表側に手縫いかボンドでレースを付ける(下から2㎝のところ)。
 
3. 中表に戻して両方の脇を縫い止まりまで縫い、両端の角にマチを縫う。
 
4. 裏布は中表に2枚合わせて一気に縫い止まりまで縫い、表布と同じように両端の角にマチを作る。
 
5. 袋状になった表布と裏布の上部をそれぞれ内側に折り込み、2つを外表に合わせて待ち針をうつ。
 
6. 口の部分をまつり縫いで縫う。
 
7. 口金にボンドを流し込み、爪楊枝などで均等に伸ばす
 
8. 口金に袋の口の部分の布を差し込む。
 
9. さらに紙ひもを目打ちで押し込む。
 
10. 口金の端をカシメる。ペンチに布を挟んで、手首をひねるようにして口金の内側だけを倒すようにして潰す。
   詳しいやり方は補足動画の「がま口のカシメの仕方」を参考にする。

完成です!可愛らしいがま口財布が完成しましたね♪

ハンドメイド♪ 簡単 がま口財布の作り方♪ まとめ

がま口には不思議な魅力があるようで、重いし、時にはちょっと使いにくいという欠点もある割には、たくさんの人に好んで使われています。
私も子供の頃、まだ指の力が弱くて自分で開けることができなかったくせに、がま口の財布を持っていました。
 
そして大人になってからも、自分の財布には必ずコイン入れの部分ががま口のものを選んでいます。
ファスナーやスナップのものよりもがま口のほうが、なぜか好きなのです。
 
 
日本特有のものかと思われがちながま口ですが、発祥はヨーロッパで日本には明治時代に伝わってきたようです。
口金がカエル(がま)の口の形に似ているから「がま口」という名前が付いたようですが、では、英語ではがま口のことをなんと呼ぶかといいますと、普通に「coin purse」や「clasp purse(留め金付きの財布)」などと言うようです。
 
 
特定の固有名詞はないのでしょうか??
カエルにちなんだ命名をした日本のセンスは素晴らしいですね!