ハンドメイド♪ 簡単できれい!フェルトの花の作り方♪ インテリアやアクセサリーに♪


今回のハンドメイドは、フェルトで作るお花をご紹介いたします。縫わずに簡単に作れます。
動画の冒頭に出てくるのは、このお花を使ったクッションカバーです。よく見ると分かりますが、使われているお花の種類は2種類だけ。
 
フェルトの色の使い方が絶妙で、仕上がりがとてもおしゃれです。この作品を作った方は、このフェルトのお花で小さなお子さんのヘアバンドも作ったそうです。
きっとかわいらしいものが出来上がったことでしょうね。
 
これからの季節は、フェルトの暖かそうな質感が良く似合います。フェルトのお花を使って、たくさんのかわいいグッズを作ってくださいね。

[材料と道具]

 フェルト
 はさみ
 定規
 コンパスカッター
 ロータリーカッター
 カッティングマット
 グルーガンまたは接着剤(布に使えるもの)
 ボタンやラインストーン

[作り方]

1. 丸い花びらの花を作る。フェルトを円形に切り抜き、真ん中まで1か所切り目を入れる。グルーガンを少量塗り、端同士を重ねて貼り合わせて、円すい形にする。これを何枚も作る(花びら)。グルーガンを使う時は火傷に注意する。
 
2. フェルトをやや大きめの円形にカットして土台にする。花びらの切り目がある部分にグルーガンを塗って、周りから土台に貼り付けて、花の形を作っていく。参考までに、動画では花びらは直径約5cm、土台は直径約7.5cmで作っている。
 
3. 花の真ん中にボタンやラインストーンを付けたら、丸い花びらの花の出来上がり。
 
4. 尖った花びらの花を作る。フェルトを2.5cm、3.2cm、4cmの正方形に、数枚ずつ切る。
 
5. 正方形を半分に折って、スペード形に切り抜く。根元の部分に少量のグルーガンを塗って貼り合わせて花びらの形にする。
 
6. 円形のフェルトを土台にして、一番大きい花びらを外側、中くらいの花びらをその内側、一番小さい花びらを中心近くに貼り付けて花の形を作る。貼り付け終わったら、真ん中にボタンやラインストーンを付ける。
 
7. ヘアバンドやアクセサリーにする場合は、円形に切ったフェルトに2か所切り込みを入れ、そこにクリップやブローチピンを付けて、土台に貼り付ける。クッションカバー等に付ける場合は、刺繍枠を使うとやりやすい。

完成です♪

オルファのコンパスカッターやロータリーカッターを使って作られていますね。この二つのカッター、私も欲しいです。
 
グルーガンは接着力が強く、フェルトのようなフワフワしたものでも上手くくっ付くので便利ですが、溶けたグルーは熱いので火傷に注意してください。乾くのに時間がかかるかもしれませんが、手芸用ボンド等の布に使える接着剤を使っても作れます。
 
それでは、素敵なハンドメイドライフを!