ハンドメイド♪ 簡単かわいい♪ オリジナルメモ帳の作り方(ノート型)♪


オリジナルメモ帳の作り方をご紹介いたします。こちらはノート型のタイプです。
糸でページを綴じて、布で表紙を貼って作っています。
 
丁寧な作り方なので、この方法で作ったメモ帳はどなたにも気に入っていただけると思います(*^-^*)
表紙の布にアップリケや刺繍をしたり、レースやラインストーンでデコったり、いろいろ工夫して素敵なメモ帳を作りましょう♪

[材料と道具]

 ページ用の紙  4枚1セットとして好きなセット数
中表紙用の紙  2枚
表紙用の布
 ページを綴じるのに使う糸と針
 背表紙に貼る紙  1枚
表紙の芯にする牛乳パックか厚紙
 木工用ボンド

[作り方]

1. ページにする紙を、作りたいメモ帳の大きさの2倍の大きさに切って、半分に折る。4枚で1セット×好きなセット数を用意する。
 
2.  ページにする紙の、半分に折った線の上に、糸を通す穴を4か所開ける。(手芸用の極細のキリなどを使って穴を開けてもいい。)
 
3. 開けた穴に針で糸を通して、ページ用の紙の束を合体させながら1冊に綴じる。→本体部分の完成
 
4.  メモ帳本体の、背表紙の長さより少し短めの紙を用意する。メモ帳の背表紙にボンドを付けて用意した紙を接着する。
 
5. 牛乳パックをカットして表紙の芯を作る。表表紙と裏表紙の芯はメモ帳より一回り大きく、背表紙の芯は、長さは少し長めに、幅は同じ太さにカットする。
 
6. 動画を参考に3枚の表紙の芯を並べて表紙用の布に貼り、はみ出した分は芯を包み込むように折り込む。
 
7. 4.のメモ帳の背表紙に貼った紙にボンドを付けて、6.に接着する。
 
8.  中表紙に、開いたメモ帳と同じ大きさに切った紙を貼る。

完成です!!

ハンドメイド♪ 簡単かわいい♪ オリジナルメモ帳の作り方(ノート型)♪まとめ

作り方の中に、ページの束を糸でかがって綴じる工程があるので、詳しいやり方を調べてみました。
糸を使って製本する方法は「糸綴じ」または「かがり綴じ」というそうですが、背表紙部分をがっちりと丈夫に糸で縛る方法もあれば、2~3か所だけを糸でとめる方法など、たくさんの方法があるようです。
分厚い本を製本する場合は、耐久性なども考えて、その本に合った方法で綴じなければいけないようですが、この作品のような小さなものであれば、普通にかがってとめるだけでも充分のようです。
 
でも、きちんと綴じないと、使っているうちに糸がほどけてバラバラになってしまう可能性もありますのでご注意ください☆
 
突然ですが私の自室には、学生時代にほんの数ページ使っただけのノートや、何かの折りに大量に買ったのに使わないまま古くなってしまったコピー用紙などが眠っています。
この紙類を材料に、ご紹介したメモ帳を作ってバザーやフリーマーケットに出品できたらいいなあと、秘かにもくろんでおります。
 
時間と根気と労力と、それに誰かに気に入って買ってもらえるような作品を作るためにはセンスも必要ですが…。
私の住む地域で開催される秋祭りのリサイクルフリマの参加申し込みの締め切り日まで、あと〇〇日…。(^^)/♪