ハンドメイド♪ 特殊塗料で古物の雰囲気を アンティーク風クリスマスオーナメントの作り方


クラシカルでエレガントな雰囲気のクリスマスオーナメントを見つけたので、今回のハンドメイドは、このお洒落なクリスマスオーナメントの作り方をご紹介いたします。
球形の発泡スチロールに、お花のイラストをデコパージュして、ひび割れ加工ができる溶剤を塗り、サビっぽくなる加工もして、アンティークっぽい雰囲気を出した作品です。
 
この作品に使用されている塗料や溶剤ですが、「pentart」という海外のメーカーの製品で、日本では販売されていないかもしれません。
日本で販売されている製品で、同じ効果があるものがありますので、それらをご使用ください。
 
製品が変われば手順も変わると思いますが、使用する製品の使い方に従ってくださいね。
これらの特殊な溶剤は、アンティークっぽい雰囲気を出すために使われているので、省略または簡略化して、単なるデコパージュの作品として作っても良いと思います。
 
作品の雰囲気は若干変わると思いますが、十分素敵なものが作れそうです。
特殊な溶剤を使って面白い効果を楽しむも良し、デコパージュだけでヨーロピアンでエレガントな雰囲気を極めるも良し。
素敵なオーナメントを作ってください。

[材料と道具]

 発泡スチロールボール
 サンドペーパー  …目の細かいもの
 竹串
 白色の下地剤
 アクリル絵の具等の塗料 …ゴールド
 ワックスペースト  …グリーン
 デコパージュ用のペーパー素材
 デコパージュ用の糊
 ニス
 ひび割れ加工用の溶剤(2液)
 瀝青ペースト
 チューブペンタイプの塗料 …ゴールド
 球形の金属パーツ
 飾り用のビーズ
 接着剤
 ペンチ
 ヒモやリボン

[作り方]

1. 発泡スチロールボールの表面にサンドペーパーをかけ、白色の下地剤を叩くようにして塗りこむ。
 
2. 下絵を描く。てっぺんに刺した竹串は、上下の目印と、以降の作業をやりやすくするためと思われる。
 
3. ゴールドの塗料とグリーンのワックスを、球の下半分に塗る。
 
4. 花のイラストをデコパージュ用の糊で貼る。イラスト部分だけでなく、白色のスペース全体にも糊を塗る。
 
5. 糊が乾いたら、白色の部分にひび割れ加工用の塗料を塗る。1剤目は必ず自然乾燥、2剤目はドライヤーを使って乾かしても良い。
 
6. ひび割れを際立たせるため、瀝青ペーストをボロ布等で白色の部分に塗り込み、余分を拭き取る。
 
7. ゴールドに塗ったスペースのふちに、チューブペンタイプの塗料で飾りの模様を手描きする。
 
8. 仕上げのニスを白いスペースに塗る。
 
9. てっぺんの竹串を外して、球形の金属パーツを接着剤で付ける。真下にも同じように付ける。
 
10. 手描きした模様の部分に瀝青ペーストを塗り込み、余分を拭き取る。
 
11. 上下の金属パーツに、ヒモや飾り用のビーズを付けてツリーに飾る。

完成です♪

ハンドメイド♪ 特殊塗料で古物の雰囲気を アンティーク風クリスマスオーナメントの作り方まとめ

特殊な溶剤や塗料がいっぱい出てきましたね。揃えるだけでも結構大変なので、身近な材料で代用できるものは代用して下さいね。
例えば、デコパージュ用の糊は木工用ボンドで代用可能です。水で薄めて、筆で塗りやすい状態にして使ってください。
 
白色の下地材は白のアクリル絵の具でもOKです。
 
瀝青(アスファルトのことのようです)ペーストは、ススのようなものが混じった黒いペーストと思っていただければ良いかと思います。
サビっぽい効果や、ひび割れを浮き上がらせる効果のために使われます。
 

この作品では白い部分にしかニスを塗っていませんが、これはゴールドの部分を塗る時に、ワックスペースト(ワックスもコーティング剤です)を混ぜているためではないかと思われます。
ワックスペーストを使わない場合は、ゴールドの部分にもニスを塗ったほうが、仕上がりが綺麗になります。
 
それでは、ハンドメイドでを楽しんでお過ごしください。