ハンドメイド♪ 手作りでスッキリ収納♪ 洗濯洗剤の箱と段ボールで作る隙間収納棚♪


小さなものや、イレギュラーな大きさのものの整理整頓は、収納する場所の工夫が必要ですね。今回ご紹介するハンドメイドは、洗剤の箱と段ボールで作る隙間収納棚です。この作品を投稿された方は、ご自分の机の高さに合わせて作ったそうです。これは素敵ですね!
 
この作品で使われている「水ばりテープ」は、これは水で濡らすとテープに付いている糊で接着できるようになるテープで、カルトナージュ(フランスのカルトン紙という厚紙で箱を作る伝統工芸)等で使われます。
接着力が強く、簡単に箱を組み立てたり補強したりできるのでとても便利です。価格もそんなに高くないようなので、機会があったらお試しください。
 
今回の作品ですが、これが自分で作れたら本当に便利!!収納にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

[材料と道具]

 洗濯洗剤の空き箱 …4個
 段ボール
 水ばりテープ
 布地
 木目柄のクロス(粘着シート)
 画用紙    …白
 厚紙     …白
 真鍮のワイヤー …太さ#24
 ビーズ    …大 5~6個
 飾り用のリボンとレース
 木工用ボンド
 筆
 クリップや洗濯ばさみ
 重りになるもの
 水ばりテープ用の皿とスポンジ
 目打ち

[作り方]

1. 洗剤の箱を縦に4個貼り合わせる。貼り合わせる面に木工用ボンドを塗り、クリップで固定し、重り等を乗せて、乾くまで固定する。ボンドが乾いたら、水ばりテープで外側からも貼り合わせる。
 
2. 段ボールを外側に貼り付ける。この作品では、洗剤の箱の上や後ろにも収納スペースを作っている。ボンドで貼り合わせたら、乾くまでクリップでとめておく。
 
3. 布を貼る前の準備として、段ボールの表面に画用紙を貼って地色を消す。引き出しになる部分には、水ばりテープを貼る。
 
4. 枠になる部分(前面と上面)に、布を貼る。引き出しになる部分は、布を切り開いてフチを内側に折りこむ。背面にはまだ貼らなくていい。
 
5. 側面に木目柄のクロスを貼る。
 
6. 上部の収納部分の内側に布を貼る。大きさを合わせて布をカットして厚紙に貼り、箱の内側にボンドを塗って貼り付ける。底や側面など、全ての面に貼る。
 
7. 上部の収納部分に蓋を付ける。背面に蝶番の布を貼る。段ボール等を蓋の形に切り、白い布とサテンリボン、レーヨンレースを貼ったら、目打ちなどで穴を開けて真鍮のワイヤーとビーズで取っ手を作る。裏に出ているワイヤーに
は、水ばりテープを上から貼る。蝶番の布を蓋の内側に貼り付けたら、さらに外側にも蝶番を作る(前もって蓋に貼った布の端を少し長くして、これを蝶番にする)。蓋の内側と背面に布を貼る。
 
8. 引き出しを作る。段ボールなどで洗剤の箱に合った大きさの箱を作り、水で薄めたボンド(扱いやすい濃さであれば良いと思われる)を使って、外側と内側に布を貼り付ける。前面用の段ボールと、それに合わせた布と厚紙を用意し、まず布と厚紙を貼り合わせて取っ手を付ける。裏側に出たワイヤーを丸めて水ばりテープで固定し、段ボールに貼り合わせ、引き出しの前面に付ける。レースを貼り、引き出しの底の布を貼る。

完成です♪

ハンドメイド♪ 手作りでスッキリ収納♪ 洗濯洗剤の箱と段ボールで作る隙間収納棚♪まとめ

この作品を私が作ったら、手前と奥で高さが違う棚が出来上がりそう…。きれいに箱を作るのって、結構難しいですよね…。
 
洗剤の箱と段ボールで一から作る自信がない人は、既成の収納ボックスや引き出しボックスを組み合わせて作っても良いかもしれませんね。
お部屋のスッキリ収納を目指して、楽しみながら挑戦しましょう♪