ハンドメイド♪ 家庭用ミシンで縫える ニット生地で縫って作る大人用スヌード♪ 手縫いOK


別の記事で、キッズ用の縫って作るマフラーをご紹介したので、この記事では大人用の縫って作るスヌードをご紹介いたします。キッズ用はファーを使いましたが、この作品はニットを使います。
ニットもファー同様に扱い方にコツがありまして、記事の後半に書きましたので、よろしければご参考にしてください。
 
作り方自体は簡単です。ニットを縫うことができれば、短い時間で作れてしまいます。伸びる生地はミシンで縫ったほうが楽とも言われていますが、手縫いでも作ることができそうです。
ぜひ挑戦して、手作りのスヌードで冬のファッションを楽しんでください。

※参考記事:ハンドメイド♪ 内側がモコモコ素材♪ 縫って作るかわいいキッズ用マフラー♪

[材料と道具]

 ニット生地 …33cm×140cm
 家庭用ミシン
 ミシン針  …ニット用のもの
 ミシン糸  …上糸:レジロン 下糸:ウーリーロック

[作り方]

1. ニット生地を中表に長細く折り、長い方の辺を縫う。この時、返し口を6cmほど縫い残す。
 
2. 筒状なったニット生地の中に手を入れて、半分だけ中に引き込み、短い辺同士を中表に重ねる。
 
3. 中に入っているほうの生地を、180度回転させて生地を合わせ、縁をぐるっと1周縫い合わせる。
 
4. 返し口から表に返し、返し口を縫ってとじる。

完成です♪

ハンドメイド♪ 家庭用ミシンで縫える ニット生地で縫って作る大人用スヌード♪ 手縫いOKまとめ

ウーリーロックというロックミシン用の糸を使っているので、ロックミシンでないといけないのかな?と一瞬思いましたが、下糸に使うだけなら家庭用ミシンで作れるようです。
 
この糸を上糸に使うと、家庭用ミシンでは糸が絡まってしまうそう。だからわざわざ上糸と下糸で糸の種類を変えているのですね。上糸と下糸の伸び加減が違うので、上糸の調子を弱めに設定すると良いようです。
そして、もしお手持ちのミシンに「伸縮縫い」の設定があれば、そちらを選択。スピードもいつもよりもゆっくりめで。

 
ニット生地をミシンで縫う際に起きがちなトラブルは、布を送るのが上手くいかなかったり、針に引っかかったりすることのようです。
対策としては、テフロン押さえを使う、押さえ圧が調整できる場合は「弱」に設定する、ハトロン紙を一緒に縫う、紙ヤスリを挟んで縫う(これは効果抜群のようです)などです。
 
手縫いの場合は、縫い目の大きさは普通で、伸びる糸を使う場合はなみ縫い、伸びない糸を使う場合は半返し縫いで縫えば大丈夫だそうです。
生地が伸びて扱いづらいですが、こちらは地道にチクチク縫う感じです。
 
伸びる糸を使う場合は、手縫い用の製品もありますし、ミシンで使う糸を使っても良いらしいですが、レジロンは糸が固いので玉結びがほどけることがあり(返し縫いで対応してください)、ウーリーロックは刺繍針くらい穴が大きくないと通らないそうです。
 
両方に共通しているのは、伸び縮みしやすい柔らかい生地ほど、縫うのが難しいという点です。種類としてはスムースやフライス等が比較的縫いやすく、一番耳にする天竺という生地は縫うのが難しいようです。
いろいろ書きましたが、この作品は縫った後に生地を表に返しますので、縫い目がそんなに目立たないと思います。気軽に挑戦してくださいね(^ ^)/