ハンドメイド♪ 冬にかわいいモコモコ素材 ファーのトートバッグの作り方♪


今回のハンドメイドは、ファー生地で作るトートバッグの作り方をご紹介いたします。動画では持ち手を60cmにしてショルダーバッグを作っていますが、40cmにすれば手提げバッグが作れるそうです。
お好みのほうを作ってください。
 
作り方自体は、裏布付きのバッグと変わりませんが、ファー生地は毛足が長くて生地が伸びやすいので、扱いにちょっとしたコツが要ります。ミシンの目は粗めで、生地の伸びに注意してゆっくり縫ってください。そうそう、待ち針の置き忘れにもご注意を。フサフサの生地に隠れて、置き忘れが起こりやすいそうです。
 
あったかそうなファーが冬の季節にぴったりですね。ぜひ、作ってみてください。
 
下記の記事にファー生地の扱い方が書いてあります。よろしければこちらも参考にしてください。
※参考記事:ハンドメイド♪ 内側がモコモコ素材♪ 縫って作るかわいいキッズ用マフラー♪

[材料と道具]

 ファー生地  …38cm×52cm
 裏布     …39cm×50cm
 ポケット用布 …25cm×18cm
 バッグテープ …60cm 2本
 マグネットホック …1個
 アイロン
 目打ち

[作り方]

1. ポケット用の布の、ポケット口になるところを1cm幅で2回折って、アイロンをかけて縫う。残りの3辺も1cm幅で折ってアイロンをかける。
 
2. ポケット用の布を、裏布の上から5cmのところに待ち針などでとめ、アイロンで折り目を付けた3辺を縫う。仕切りも縫って付ける。
 
3. 裏布の真ん中の位置にアイロンで印を付ける。マグネットホックを裏布の真ん中・上から2cmのところに置き、穴の位置に印を付けてハサミで切り目を入れる。マグネットホックを穴に通して裏側でとめる。前後2か所に行う。
 
4. 持ち手を付ける。裏布の上の真ん中から左右6cmのところに印を付けて、印の外側にバッグテープをクリップ等でとめて、端から5mmのところを縫う。
 
5. 裏布を、持ち手が付いたほうを内側にして折る。片方の脇は端から1cmのところを全て縫い、もう一方の脇は返し口を10cm残して縫う。
 
6. バッグの底にマチを作る。裏布の下の角を二等辺三角形に折って、底辺が6cm(左右3cmずつ)の位置に線をひく。線の通りに縫って、縫いしろを1.5cm程残して切る。
 
7. ファー生地を中表に二つ折りしてクリップ等でとめて、両脇をファーの毛を内側に押し込みながら縫う。
 
8. 裏布の時と同じようにしてマチを作る。
 
9. ファー生地を表に返し、裏布の中に入れて口の部分をクリップ等でとめ、端から1cmのところをぐるりと1周縫う。ファー生地は伸びやすいので、ファー生地を少し押す感じで縫う。
 
10. 返し口から表に返して、返し口を縫ってとじる。
 
11. 縫い目に挟まったファーの毛を目打ちで引き出し、あて布をして中温でアイロンをかける。

完成です♪

ハンドメイド♪ 冬にかわいいモコモコ素材 ファーのトートバッグの作り方♪まとめ

ミシンがない場合は手縫いでも作れると思います。ファー生地を縫う時は、縫い目は普通の布を縫う時よりも大きめで、伸びに注意して縫ってください。
 
気温がぐっと下がってきて、いよいよ冬の到来ですね。風邪等に気を付けてお過ごしください。