ハンドメイド♪ ミニチュア野菜で八百屋さんごっこ♪ ブロッコリーの作り方♪


今回のハンドメイドは、ポリマークレイで作るミニチュアのブロッコリーです。ブロッコリーって、スーパーで一年中売られているけど、本来の収穫時期や旬はいつなんだろう?と思って調べてみると、北海道などの北の地域のブロッコリーは夏~秋、四国や九州などの南の地域のブロッコリーは冬~春が収穫時期。
 
だから一年中スーパーにあるんですね!こうなると、旬の時期も産地によっていろいろでしょうね。
 
ご紹介する作品は、加熱して固めるタイプのポリマークレイで作られています。自然乾燥で固まるタイプのポリマークレイでもOKです。
 
ブロッコリーの花芽の部分をどうやって作るのかな~?と思って観ていたら、尖ったもので地道につついてブツブツにしていました。
ドールハウス用の作品のようですが、雑貨やアクセサリーなど、いろいろ使えると思います。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ポリマークレイ  …黄緑色、深緑色
 細工用の棒
 デザインナイフ
 アルコールインク …またはアクリル絵の具やパステル等
 グレイズ(ニス)
 

[作り方]

1. 黄緑色のポリマークレイを棒状に伸ばして短くカットし、茎を作る。棒のサイズは複数のサイズを作る。
 
2. 太い茎を棒などの先に付けて作業する。先端にボールが付いたツールで茎の形を作り、細い枝や小さい皮を付ける。
 
3. ここで一度、オーブンで少しだけ(5~10分)加熱する。表面だけを固めて、後の作業をやりやすくしていると思われる。
 
4. 茎が冷めてから、小さく丸めた深緑色のポリマークレイを茎の先に付けて、先が尖った棒でつついてブロッコリーの花芽の部分を作る。
 
5. アルコールインクを部分的に塗って、表情を付ける。アクリル絵の具や削って粉にしたパステルで着色しても良い。
 
6. オーブンで加熱する(約130度で30分くらいが標準)。
 
7. 仕上げにニスを塗る。

完成です♪

ハンドメイド♪ ミニチュア野菜で八百屋さんごっこ♪ ブロッコリーの作り方♪まとめ

ブロッコリー好きには愛着が湧く作品だと思います。他の葉物野菜と比べると、根っこの部分がないから茹でるのが格段に簡単だし、冷凍のものもあるし、ブロッコリーは忙しい人にうってつけの野菜ですよね。栄養価も高いです。
 
着色する時に登場したアルコールインクは、外国の方の作品では時々使われていますが、日本ではあまり馴染みがないかもしれません。でも、日本のメーカーの製品もあります。機会があったらお試ししてみたいですね。
 
ケールの種を蒔こうと思っていたのに、結局蒔きそびれてしまいました。今からでも間に合うかなあ…。ブロッコリーとケールの苗って、そっくりなんですよ。種類が近いせいだと思いますが(アブラナ科)、もし園芸店やホームセンター等で苗を購入する場合は、間違えないように要注意です。
それでは、9月もあともう少し。ハンドメイドで素敵な毎日をお過ごしください。