ハンドメイド♪ なぜか水道管に電球が付いているという面白いデザインのルームランプ♪


今回のハンドメイドは、水道管の先端に電球がくっ付いているという、ちょっと不思議なデザインのルームランプの作り方をご紹介いたします。水道管に元栓のバルブをわざわざ付けているところが面白いですね。蛇口なんかでも面白いかも…あとシャワーヘッドとか。
 
パイプ等を使った工業的な雰囲気のインテリアを、「インダストリアルな~」や、「男前な~」と言うそうですね。なるほど。
きっと、このランプは何らかの理由で、電線をひくのに古い水道管を利用するしか方法がないような環境で作られたものに違いない…地下の古い実験室か、または昔の金鉱の発掘現場か…?
 
遊び心満点のルームランプです。ぜひ、挑戦してみてください!

[材料と道具]

 電球ソケット
 スプレー塗料 …シルバー
 差し込みプラグ
 VFFコード
 水道管
 ロングニップル、短ニップル …直線の接続部品。必要な場合のみ
 チーズ    …T字の接続部品。必要な場合のみ
 エルポ    …90度に曲がった接続部品。必要な場合のみ
 ゲートバルブ
 マスキングテープ
 ドライバー
 ペンチ
 接着剤    …金属が接着できるもの
 電球

[作り方]

1. 電球ソケットの中に塗料が入らないように、マスキングテープを貼ってふさいでから、スプレー塗料で色を塗る。塗料が飛び散らないように、周りを新聞紙などでガードして行う。
 
2. ドライバーを使って、差し込みプラグのカバーを開ける。ペンチを使ってVFFケーブルの先端をふたつに裂き、電線をカバーしているゴムを3cmくらい取り除く。むき出しになった電線を差し込みプラグの中のネジに巻き付け、ドライバーで固定する。差し込みプラグのカバーを元に戻す。
 
3. 中にVFFケーブルを通しながら、水道管を好きなように接続する。ゲートバルブも好きなところに繋ぐ。
 
4. 電球ソケットに塗った塗料が乾いてから、差し込みプラグをつないだ時と同じようにしてVFFケーブルを繋ぐ。
 
5. 水道管の先端に、電球ソケットを接着剤で接着する。
 
6. 電球ソケットに電球を付ける。

完成です♪

ハンドメイド♪ なぜか水道管に電球が付いているという面白いデザインのルームランプ♪まとめ

電球ソケットは接着剤でくっ付けちゃうんですね。
接着剤を使うので、よほど大きさが違わない限りは大丈夫だと思いますが、材料を購入する時に電球ソケットと水道管の太さを一応チェックしてください。
 
こちらのライト、直立させるためのスタンド台を繋げて単独で使うのも良いですが、パイプ製の収納棚やインテリアと組み合わせても楽しめそうですね。収納棚の柱のどれか1本がこのライトだったら、オシャレだし機能的にも便利だと思います。工夫次第でいろいろ使えそうですので、自由にアレンジして楽しんでください。