ハンドメイド♪ おしゃれなアロマグッズ フレーバーワックスバーの作り方♪


フレーバー(アロマ)ワックスバーとは、蜜蝋をベースにしたワックスにエッセンシャルオイルをブレンドし、表面にドライフラワーなどの飾りを入れて、棒の形に固めたものです。
 
火を使わなくてもアロマテラピーを楽しめる点がアロマキャンドルと異なります。形状の違いだと思いますが、アロマワックスプレートやアロマワックスサシェなどの名称の、丸い形や正方形のものもあります。
 
表面に埋め込まれたドライフラワーがとても華やかで、お花が好きな方なら誰からも好まれると思います。
 
香りは1年くらい保つそうですが、香りがなくなった後でも、ドライフラワーがあしらわれた小さな置物として楽しむことができます。
ご興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

パラフィン       30g
蜜蝋(精製されたもの) 20g
着色用のクレヨン    適量
お好みの精油またはキャンドル用香料  適量(パラフィン+蜜蝋の量の5%が目安)
お好みのドライフラワーやドライフルーツ
つり下げ用のリボン
ホーロー鍋
温度計
型(100度くらいまでの耐熱性があるもの) 1~2個
串か箸(穴あけ用)
サラダ油(型から外しやすくするため)
キッチンペーパーか布(型に油を塗る時に使用する)

[作り方]

1. ワックスバーのデザインを決める。ベースの色や飾りや香りを合わせて考える。
 
2. ホーロー鍋にパラフィンと蜜蝋と着色用のクレヨンを入れてとろ火で溶かす。温度が上がりすぎないように注意しながら行う(200度くらいで引火する危険あり)。
 
3. 材料が溶けて温度が80度まで下がったらエッセンシャルオイルを入れる。
 
4. サラダ油を塗った型に、熱いうちに流し入れる。
 
5. 固まり始めたらドライフラワーなどの飾りをバランスよく配置していく。リボンを通す場合は穴を開ける。すぐに固まってしまうので手早く行う。また、固まり始めたらできるだけ型を揺らしたりしないようにする。
 
6. 涼しい場所でゆっくり冷ます。
 
7. 固まったら型から外す。お好みでリボンを通す。

完成です!

おしゃれなアロマグッズ フレーバーワックスバーまとめ

動画のコメント欄に、パラフィンワックスと蜜蝋を扱う際の注意点などが掲載されていますので、ぜひご一読ください。蝋を水道に流してはいけない(つまりの原因になる)とは知りませんでした…。これはアロマキャンドルを作る時も同様だと思いますので、しっかり覚えておきましょう。

 
材料に使われているパラフィンは、一般的に普及しているロウソクの原料です。ロウソクにもいろいろ種類がありますが、工場で大量に生産されているものはパラフィンにステアリン酸などを加えて作られています。
 
もし、アロマワックスバーをもっと手軽に作りたかったら、ロウソクを使っても作ることができます。

 
それから使用する香料の量についてですが、精油(エッセンシャルオイル)を使用する場合は、パラフィン+蜜蝋の量の5%だとかなり多いと思います。
他のサイトだと5~20滴くらいとしていることが多いようです。適宜加減してください。
 
アロマワックスバーはご自分用はもちろんですが、贈り物としても最適です。ドライフラワーを自由に飾り付けて、楽しみながら作ってくださいね。