ハンドメイド動画♪ シリカゲルと電子レンジで すぐ出来上がるドライフラワーの作り方♪


風通しの良い場所につり下げたり、押し花にしたり、ドライフラワーの作り方はいろいろありますが、その中でも一番早く出来上がる方法として、生の花をシリカゲルの中に埋めて、電子レンジで加熱する方法をご紹介いたします。花の色合いをきれいに残したい時におすすめの方法です。
 
密閉容器にシリカゲルと花を入れて、日が当たらないところに放置するだけでも出来上がりますが、1週間くらいかかります。ところがこれを電子レンジで加熱すれば、数十分で出来上がり。早く出来上がるので、生花の色合いを鮮やかに残こせます。
 
ドライフラワーを使ったアクセサリーや雑貨などを作りたい時に良さそうですね。
電子レンジで温めたシリカゲルは非常に熱くなっています。電子レンジから容器を取り出す時は、火傷をしないように布の手袋などをしてください。
それでは、色鮮やかなドライフラワー作り、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 生の花
 耐熱容器
 シリカゲル
 電子レンジ
 布の手袋や鍋つかみ …火傷防止のため

[作り方]

1. 耐熱容器に、底から1.5cmくらいシリカゲルを入れる。
 
2. 茎を短く切った花を、花びらが平らになるように整えながら、重ならないように並べる。
 
3. シリカゲルを、花が見えなくなるくらいまで入れる。
 
4. 2段目の花びらを同じようにして入れて、再度花の上にシリカゲルを入れる。
 
5. 電子レンジで加熱する。蓋はしなくて良い。加熱時間は機種や花の状態で加減する。
 
6. 冷めてから花を取り出す。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ シリカゲルと電子レンジで すぐ出来上がるドライフラワーの作り方♪まとめ

電子レンジは、低いワット数で様子を見ながらかけてください。標準は500~600Wで1分~1分30秒くらいのようですが、花びらが薄い花だと20秒ほどで十分との情報もあります。加熱しすぎると、花が焦げるそうです。
 
材料のシリカゲルは、お菓子などに小さな袋に入って付いていますが、ドライフラワーを作るためには大量に必要なので、薬局やホームセンター等で大きな袋のものを購入したほうが手軽です。値段はだいたい1㎏で1500円くらいです。ドライフラワー用の製品もあります。
 
また、シリカゲルは水分を吸収すると、青色の粒がピンク色に変化します。ピンク色になったシリカゲルはそれ以上は水分を吸収できませんが、フライパンで熱したり電子レンジで温めたりして水分を飛ばせば再生できます。どちらの場合も、全体を混ぜながらゆっくりと熱を加えて水分を飛ばします。天日干しでも良いそうです。大きな浅い箱などの中に広げて日に当ててください。
 
考えてみると、何かを乾燥させることは、昔よりも簡単にできるようになっていますね。電子レンジのおかげでしょうか。野菜チップの乾燥機にも家庭用のものがありますが、ドライフラワーにも使えそうな気がしますね。あれなら花が焦げる心配もなさそうです。持っている人が身近にいないので、実際どうなのかは分かりませんが。
それでは、ハンドメイドで毎日を楽しんでお過ごしください!