ハンドメイド動画♪ ちりめんや和柄の布で ミニ鯉のぼりの作り方♪ 簡単


ちょっと早いかもしれませんが、5月の子供の日用のミニサイズの鯉のぼりの作り方をご紹介いたします。このまま机の上に飾ったり、外に飾る鯉のぼりのように棒を付けたり、いろいろと楽しめます。最近は端午の節句用のつるし飾りもあるので、他の飾りも作ってミニつるし飾りにしても良さそうですね。
厚紙の芯に切った布をボンドで貼るだけなので、お子さまも挑戦できます。布の種類や柄などはお好みで。ちりめんや和柄の布を使うと雰囲気が出ますが、普通のハギレやフェルトでも作ることができます。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ちりめんや和柄の布 …白、黒、黄色、青、赤、柄ものなど
 飾り用のラメ入りのヒモ
 両面テープ
 型紙用の8cm角の紙
 厚紙
 ボンド
 ハサミ

[作り方]

1. 型紙を作る。8cm角の紙を2回折って、シッポと頭の形を描いて切り抜く。口と体の線や、目などを描き入れる。
 
2. 白以外の布の裏側に両面テープを貼る。
 
3. 布を切り抜いて、目や体のパーツを作る。
 
4. 芯になる厚紙を切り抜く。白い布を、芯の厚紙よりも5mm程度大きく切る。
 
5. 厚紙のふちにボンドを塗り、白い布で厚紙を覆って貼り付ける。白い布の、しっぽのV字部分ののりしろに切り目を入れる。貼り合わせた時にのりしろが重なるところはきれいにカットする。貼り終わったら二つに折る。
 
6. 体や目のパーツを貼り付ける。目の一番上の白い部分は、ちりめんの切れ端をほぐして作った糸くずをボンドで丸めて小さな玉にしたものを貼り付ける。顔と体の境にラメ入りのヒモを貼り付ける。
 
完成です♪

ハンドメイド動画♪ ちりめんや和柄の布で ミニ鯉のぼりの作り方♪ 簡単まとめ

体に使う布はウロコっぽい柄が理想ですが、ない場合は他の柄の布で作っても意外としっくりくることもあります。単色使いのシンプルなチェックやストライプ柄などの布を使うと、スタンダードな鯉のぼりとイメージ的にそんなに遠くないものが出来上がるかと思います。複数の色を使った布やプリント柄の布を使えば、斬新でモダンな鯉のぼりが出来あがる可能性も。こちらも楽しいと思います。
 
ウロコっぽい柄の布はないけどウロコ模様にしたいという場合は、手間はかかりますが、布を小さい長めの半円型に切って、それをペタペタと貼り付けていくという手もあります。さらに手間はかかりますが、大小の半円型を違う色で作って2枚重ねにすると、ウロコ模様がはっきりします。全部バラバラでなく、1段ずつ切って貼り付けていくと簡単かも?(かえって難しい可能性も…。)いろいろ工夫してみてください。
4月になって、新年度がスタートしました。新生活がスタートした人もいらっしゃると思います。張り切り過ぎて疲れないように、新しいことを楽しんで毎日をお過ごし下さい。