ハンドメイド動画♪ いつもとちょっと趣向を変えて 和風ハーバリウムの作り方♪ ボール水引



ボール水引
大人気のハーバリウム。今回はちょっと変わり種の作品として、和風のハーバリウムをご紹介いたします。完成品の映像をよ~く観ると、どうやら結婚祝いのお品のようです。
もしかして、これは引き出物用なのかしら?それとも、披露宴会場の受付用?クマやボードの次は、ウエルカムハーバリウムが流行るかも??
 
オイルの中には、ドライフラワーの他に紅白のボール型の水引も入っています。
こういう副素材を使って、全体の雰囲気を損なうことなく、お祝いムードを出すというアイディアが良いですね。
熨斗のラベルをはがした後は、普通にかわいらしい和テイストのハーバリウムなので、お祝いの日の思い出をお部屋に長く飾っておけます。
 
季節のお花や、水引の結び方などでアレンジを加えても面白いですね。ぜひ、作ってみてください。

☆和風ハーバリウム

[材料と道具]

 ハーバリウム専用オイル …流動パラフィン等でも代用可
 ガラス瓶    …円柱型
 ピンセット
 ドライフラワー …千日紅、ソーラーダリア、ペッパーベリー、パズルグラス、ツツジ
 ボール水引
 タッセル

[作り方]

1. ガラス瓶に花材とボール水引を、色味や配置などのバランスを見ながら入れる。
 
2. ガラス瓶を斜めにして、オイルを静かに注ぎ入れる。
 
3. しばらく放置して、気泡が落ち着いてからフタを閉める。

完成です♪
 
このハーバリウムを作るには、ボール水引が必要ですね。市販品を購入することも出来るかもしれませんが、ハンドメイド好きの方達のために、ここはぜひ作り方をご紹介したいと思います。
別の作品の動画になりますが、続けてボール水引の作り方をご覧くださいませ。
 

☆ボール水引(玉結び)

[材料と道具]

 水引

[作り方]

1. 水引を半分の長さ(45cm)にカットする。
 
2. 水引は扱いやすくするためにしごいてから使う。まず、できるだけ左側に小さなあわじ結びを作る。詳しい結び方は動画を参照のこと。
 
3. あわじ結びを逆さに持って、長いほうの端が左側にくるようにする。長い端を、短い端が出ているところに逆方向から差し込んで上に出す。4枚の花びらのような形になる。
 
4. 4枚の花びらを、ぎゅっと握って丸みをもたせる。
 
5. 長い端を、短い端を追うように通していく。水引が通りにくい場合は、爪で穴を広げる。常に形を整えながら行う。
 
6. 三重に通したら、短い端をハサミでカットする。

完成です♪
こちらの作品では、水引を1本の水引を三重にして作っていますが、前出の作品で使われているボール水引は、赤と白の2本を五重に通したもの。赤と白の2本の水引を揃えて持って結んで、まずは二重に通してから、どちらか1本のみをもう一重通す…という感じで作れると思います。
 
和風ハーバリウムは、お正月や節句のお祝いにも良さそうですね。
ただ、水引などの副素材の色が、オイルに溶け出してしまわないかがちょっと心配です。
使用する前に、オイルで湿らせて色落ちするかどうか試してみたほうが良いかと思います。
 
それでは、ハンドメイドで素敵な秋をお過ごしください。